ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

アレとアレで“高級ハンバーガー”の味になる“超 味合わせ”を発見!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
味合わせ

例えば「きゅうり+はちみつ=メロン」が有名なのだが、いくつかの味を足し算することで、新しい味が生まれて「食べたことのあるアレ」にそっくりな味になる、そんな話をきいたことがあるだろうか。ネットやテレビでも時折話題になるのだが、仮にこれを「味合わせ(あじあわせ)」と呼ぶことにする。味と味を合わせるから味合わせぐらいの思いつきだ。さて、この”味合わせ”、一つくらいは何か思い浮かんだり、実際に試したことがある読者の方もいるかもしれない。
有名なものとして以下のような例がある。

・プリン+醤油=うに
・きゅうり+はちみつ=メロン
・ウーロン茶+炭酸=ビール
・ひきわり納豆+生クリーム=ピーナッツバター
・牛乳+麦茶=コーヒー牛乳
などなど。

この手の味合わせ、ほとんどが素材単体品で、料理のメニューとなるほどのものではなく、記者自身そこが味合わせの限界であることに、これまで疑う余地すらなかった。
しかし今回、限界を越えた“味合わせ”を発見してしまった。

その食材の組み合わせとは、
・トマト+粒マスタード=高級ハンバーガー
である。

<調理方法>
1.トマトをくし型切りで6等分程度でカット
2.1のトマトに5mm程度の粒マスタードを塗る

たったこれだけである。しかし、テースティングしてみると……ムムムムッ! あの高級ハンバーガーの味わいを十分持っているではないか!

数名にテストしてもらったところ、
「本当に高級ハンバーガーの味がする(笑)」
「自分は高級ハンバーガーで、この2種類の味しか感じていなかったのか……」
「新しいトマトの活用法。ダイエットにもいいかも!」
と、満足度の高いコメントが多かった。

是非みなさんもこの“味合わせ”、一度お試しあれ!

※画像:『flickr from YAHOO!』より
※この原稿はガジェット通信一芸記者「うどよし」さんが執筆しました。
うどよしさんプロフィール:書道家。とめはね等の少ない書 大衆書道を広めています。ペンで書くときにとめ・はね・はらい、しないんだから、筆で書くときにも同じようにしたらいいでしょうといいながらワークショップや教室運営で生きています。

■関連記事
そんな理由で殺人を!? 動機がヒドすぎる『名探偵コナン』の犯人TOP10
食べられそうで食べられない! ミニチュアフードのイベントが大阪で開催されます
誰が一番上手いんか決めたらええんや!ニコ生FX生主トレードNo.1決定戦開催
中国独自の「そっくりソーシャルサイト」とか「そっくり動画投稿サイト」を訪問してみた
ニートのための大学! “日本社会復帰大学”が第一期生を募集中

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。