ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ひと先試食】まるで雪を食べてるみたい! ふわふわ食感の氷スイーツのお店“雪見亭”が中野ブロードウェイに登場!!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

7月1日(水)、新食感スイーツ『スノーパウダー』を提供するお店“雪見亭”が中野ブロードウェイ地下1階にオープン。かき氷とはちょっと違う、ひんやり氷スイーツがいただけるということで、ひと足お先に試食して参りました。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/1023493

さらさら! ふわふわ! 新食感のひんやりスイーツ『スノーパウダー』

“雪見亭”が提供する『スノーパウダー』は国産牛乳をベースに特殊製法によって作られた新食感スイーツ。

塊になった氷を削るのではなく、液体をマイナス30度のローラーで凍らせながら削り、粉末状にすることによって、新雪のように柔らかく、きめ細やかな食感を実現。製造機の中はまるで雪が降っているかのようです。店名の“雪見亭”も「雪みたい(ゆきみてー)」からきているとのこと。

今回、試食させていただいたのは、『ピュアミルク』『ごろ~りマンゴー』『スペシャルグリーンティー』の3品。

『ピュアミルク』は、いちばん『パウダースノー』本来の味が楽しめるシンプルな1品。トッピングは粉ミルクです。スプーンですくい上げると、確かに雪のような手ごたえ。氷の粒がとてもきめ細かく、降り積もったばかりの雪のようなさらさら感・ふわふわ感です。

口に入れてみると、子どもの頃に興味本位で食べた新雪のように、ほわほわとした優しい口どけ。牛乳ベースということで、濃い味を予想していましたが、意外にさっぱり。あとからほのかに牛乳の甘さが追ってきます。

『ごろ~りマンゴー』は酸味がほどよく利いて爽やかなマンゴーソースと、やわらかく、ジューシーなマンゴーがたまりません。

厳選された宇治抹茶をたっぷり使った『スペシャルグリーンティー』は、ふんわりと上品な味わい。トッピングには小倉とわらびもちがついて、程よい甘さのアクセント。小倉はホクホク、わらびもちはもっちりとして食感も楽しいメニューです。

どのメニューも底に練乳がしいてあるので、トッピングを先に食べてしまっても最後まで飽きずに食べることができました。

また、『パウダースノー』は非常に溶けにくい性質のため、トッピングと練乳をしっかり混ぜて食べても、ふわふわ感はそのまま。水っぽくなりません。「『パウダースノー』そのものの味」「トッピングとのコラボ」「練乳とのコラボ」「全部を合わせた味」と1品で4通りの味わいが楽しめます。

選べるメニューは全8種。王道のベリーやコーヒーソースのほかに、ポップコーンやクッキーがこれでもかと盛られている個性的なメニューもあります。“かき氷”といえば夏の食べ物というイメージですが、“雪見亭”は期間限定店舗ではなく、オールシーズン『パウダースノー』を提供し、季節に合わせた新メニューも展開していくそう。冬の氷スイーツなんて、どんなメニューが出てくるのかワクワクしますね!

世界に通じるサブカルチャーの発信地・中野から登場する新食感スイーツ。ともだち同士でワイワイシェアして、いろんな味を食べ比べてみてはいかが?

メニュー
ピュアミルク 410円
ごろ~りマンゴー 510円
スペシャルグリーンティー 730円
ポップ塩キャラメル 510円
贅沢ベリー 730円
きなこ黒みつ 620円
ショコラクッキー 730円
カフェ 410円

店舗詳細

店舗名:雪見亭 中野店
住所:中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ地下1階
電話番号:03-5942-5150
営業時間:11:00~20:00 不定休
座席数:24席
公式サイト:http://yukimitei.jp/[リンク]

Nagaya Ayakaの記事一覧をみる ▶

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP