体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あの帆立白湯が復活!『帆立とトマトの塩つけそば』を食す @相模原『貝ガラ屋』

kaigara-hotate2_R

貝を使った出汁のラーメン「シェルラー」で有名な『貝ガラ屋』で、新しい限定ラーメン『帆立とトマトの塩つけそば』を食べて来ました。

常に新しいラーメンを作り続ける『貝ガラ屋』は、確実に伸びて来ている新鋭の店で、店主が作る「期間限定ラーメン」は、まさに「シェルラー」の最先端を牽引する注目のラーメンなのです。

第1弾『貝塩』

kaisio-1_R

『貝ガラ屋』の前身である『汁なしイプサ』の時代から、店主は貝の美味しさに注目していました。

その貝の出汁を「塩味」でストレートかつ、シンプルに味わってもらう為に、この『貝塩』が作られました。

「貝だし・スープをストレートに味わえるように、あまり旨味を加えず蛤と浅蜊でシンプルなタレに仕上げました。」

との事で、まさに貝出汁の旨さの原点に回帰する試みの、シンプルなラーメンです。

第2弾『しじみと煮干しのつけそば』

kainibo-3_R

夏に向けての「冷やしラーメン」をイメージして、前回の『貝塩』から試されている『菅野製麺』の、特注細麺を使った第2弾の限定ラーメンが『しじみと煮干しのつけそば』です。

貝出汁のスープを冷した状態で食べる事を視野に入れた細麺は、まさにこのラーメンを作る為に作られたと言っても過言ではありません。新しい試みとして

「麺の丼に煮干し出汁を張る」

と言うスタイルで提供しています。最初は普通に「つけ麺」的な何かとして食べ進み、最後は丼の「煮干し出汁」でスープ割をして頂くのです。

まさに夏を見据えた「冷やしラーメン」の試みでした。

『帆立とトマトの塩つけそば』を食す!

kaigara-hotate9_R

そして新しい『菅野製麺』の麺を使った、限定第3段がこの『帆立とトマトの塩つけそば』で御座います。

コンセプトは前回のラーメンに近いのですが、より貝の濃厚さを求めて「帆立貝」を使っています。

スープは濃厚な『帆立白湯』仕立て!

kaigara-hotate3_R

このスープは限定で出した事のある『帆立白湯』を、つけ麺用にアレンジしたモノだそうで、大量の帆立貝を使って濃厚に仕上げてあります。

「牡蠣」を使った濃厚なスープも良いのですが、こちらの帆立貝の方が多くの人に受け入れられると思いますね。

多かれ少なかれ「牡蠣」が苦手な人は居るので、より万人受けする「帆立貝」の方が素材として使いやすいかもです。

とにかく「帆立貝」の旨味とコク、香りがガツンと来る力強いスープで、初めて「貝出汁」のラーメンを食べる人には、かなりのインパクトがあるかもしれません。

『菅野製麺』の特注細麺を使用

kaigara-hotate6_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会