ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの帆立白湯が復活!『帆立とトマトの塩つけそば』を食す @相模原『貝ガラ屋』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

貝を使った出汁のラーメン「シェルラー」で有名な『貝ガラ屋』で、新しい限定ラーメン『帆立とトマトの塩つけそば』を食べて来ました。

常に新しいラーメンを作り続ける『貝ガラ屋』は、確実に伸びて来ている新鋭の店で、店主が作る「期間限定ラーメン」は、まさに「シェルラー」の最先端を牽引する注目のラーメンなのです。

第1弾『貝塩』

『貝ガラ屋』の前身である『汁なしイプサ』の時代から、店主は貝の美味しさに注目していました。

その貝の出汁を「塩味」でストレートかつ、シンプルに味わってもらう為に、この『貝塩』が作られました。

「貝だし・スープをストレートに味わえるように、あまり旨味を加えず蛤と浅蜊でシンプルなタレに仕上げました。」

との事で、まさに貝出汁の旨さの原点に回帰する試みの、シンプルなラーメンです。

第2弾『しじみと煮干しのつけそば』

夏に向けての「冷やしラーメン」をイメージして、前回の『貝塩』から試されている『菅野製麺』の、特注細麺を使った第2弾の限定ラーメンが『しじみと煮干しのつけそば』です。

貝出汁のスープを冷した状態で食べる事を視野に入れた細麺は、まさにこのラーメンを作る為に作られたと言っても過言ではありません。新しい試みとして

「麺の丼に煮干し出汁を張る」

と言うスタイルで提供しています。最初は普通に「つけ麺」的な何かとして食べ進み、最後は丼の「煮干し出汁」でスープ割をして頂くのです。

まさに夏を見据えた「冷やしラーメン」の試みでした。

『帆立とトマトの塩つけそば』を食す!

そして新しい『菅野製麺』の麺を使った、限定第3段がこの『帆立とトマトの塩つけそば』で御座います。

コンセプトは前回のラーメンに近いのですが、より貝の濃厚さを求めて「帆立貝」を使っています。

スープは濃厚な『帆立白湯』仕立て!

このスープは限定で出した事のある『帆立白湯』を、つけ麺用にアレンジしたモノだそうで、大量の帆立貝を使って濃厚に仕上げてあります。

「牡蠣」を使った濃厚なスープも良いのですが、こちらの帆立貝の方が多くの人に受け入れられると思いますね。

多かれ少なかれ「牡蠣」が苦手な人は居るので、より万人受けする「帆立貝」の方が素材として使いやすいかもです。

とにかく「帆立貝」の旨味とコク、香りがガツンと来る力強いスープで、初めて「貝出汁」のラーメンを食べる人には、かなりのインパクトがあるかもしれません。

『菅野製麺』の特注細麺を使用

スープが冷えた状態でも合うように作られた『菅野製麺』の特注麺は、細く滑らかながらもコシのある麺です。

加水率は若干、高めでしょうか?

丼にスープが張ってあっても、極端にスープを吸って伸びてしまう事は無いようです。

しかし、その滑らかな細麺は良くスープを運びます。麺にスープを吸い込むのでは無く、表面にスープをまとって運ぶタイプですね。

濃厚な『帆立白湯』との相性は抜群で、コレはかなり美味しい組み合わせだと思います。

麺の丼には「トマト出汁」を張る!

コレは前回の『しじみと煮干しのつけそば』と同じスタイルで、最後にスープ割りをする事で2度楽しめるラーメンです。

伝説の『汁なしオイスター』もそうですが、食べている途中で味を変化させ、一杯のラーメンに色々な変化を持たせるのが、店主のコダワリかもしれません。

ちなみに「トマト出汁」だけ味見してみたのですが、流石にコレだけで食べてもイマイチでしたw

しかし、このトマトの酸味が大事なんですよね。

サイドの具材は定番の組み合わせ

写真を見て頂ければ分かると思いますが、この『貝ガラ屋』は盛り付けの美しさに定評があります。

そして、見た目だけでは無く味も抜群です。

「低温調理」で仕上げた肩ロースのチャーシューは、豚肉の旨味を閉じ込める事に成功したモノで、柔らかく仕上げられています。

大きなメンマは… だんだん大きくなっている気がしますねw

これも昔、限定で出した時に好評だったメンマで、それ以来『貝ガラ屋』のメンマとしてレギュラー化した感じです。

「メンマが美味しいラーメン屋はデキる!」

間違いないと思います。最近は「メンマ」にもコダワル店が多いので、食べる側としては嬉しい限りです。

『帆立とトマトの塩つけそば』 総評

まず、そのスープの濃厚さにヤラレてしまいますね。貝を使った出汁の魅力に取り憑かれる事、間違いなしです。

この貝出汁スープに魅入られて、ある日突然『貝ガラ屋』に店を変えてしまったのも、なんとなく分かる気がします。

そして「麺の丼にスープを張る」と言うスタイルですが、これも斬新です。

特に今回は「帆立白湯」が濃厚なので、最後の方に「トマト出汁」で割った時の変化が大きくて良かったです。

トマトの僅かな酸味が、良い味変になります。

言うなれば「レモン」とか「梅干し」的な何かで、濃厚なスープが薄まるのでは無く、そのままサッパリした感じに変化します。

最初は濃厚で、やや塩っぽい感のあるスープですが、麺がトマト出汁を運ぶので、食べ進むうちにいい塩梅になるのも、絶妙ですね。

筆者的には、今回の「塩シリーズ」では一番好きな一杯でした。

この様な新しい試みを「限定」と言う形で試し、自分のラーメンの幅を広げる店主の意欲には脱帽です。

あと、今回は限定20食から30食に増やして頂いて、微妙に嬉しかった筆者です。

まあ、自分は近いので良いのですが、この『貝ガラ屋』の限定を食べに遠方から訪れる人も少なくないので、より多くの人が食べられるのは良い事です。

今回は前回よりも並んでいた感じなので、やはり30食くらい用意しないと昼過ぎには完売してしまう勢いですからね。

確実にリピーターが増えつつあり、かなり微妙な立地ながらも頑張っている『貝ガラ屋』に、今後も注目したい筆者です。

それでは、みなさんも『貝ガラ屋』の貝出汁ラーメンを食べてみて下さい。

限定以外のレギュラーメニューも人気があるので、是非一度は食べて欲しいラーメンです。

限定に関する情報はTwitterでチョイチョイ呟かれるので、フォローしておくと良いかもですね。

『貝ガラ屋』

住所:神奈川県相模原市 中央区淵野辺本町 3-24-3

営業時間 11:30~15:00 18:00~21:00

定休日:月曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP