体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『キリン のどごし<生>』が流しそうめんの世界記録にチャレンジ 取材に行ったらガジェ通記者も挑戦することになったけどその結果は……?

『キリン のどごし』が流しそうめんの世界記録にチャレンジ 取材に行ったらガジェ通記者も挑戦することになったけどその結果は……?

ちょっとした公園のすべり台ぐらいある、巨大な流しそうめん器『流しそうめんラージヒル』が当たるキャンペーンを展開している『キリン のどごし<生>』。そのデカさはガジェット通信の記事でもご紹介しました。

参考記事:
流しそうめんが斜面を大ジャンプ!? 『キリン のどごし<生>』で当たる巨大流しそうめん器『流しそうめんラージヒル』を一足先に体験してみた
http://getnews.jp/archives/1001419[リンク]

これを超える超巨大な流しそうめん器を設置して、さらに「連続して流し麺をキャッチした最多人数」というギネス世界記録に挑戦するイベントが開催されるというので取材に行ったのですが、受付でひと言。

「ガジェ通さんにも挑戦していただくので、練習に参加してくださいね!」

お、おう……。というわけで、『のどごし<生>』ホームページで募集した一般の参加者に交じって、ガジェット通信もこのギネス世界記録に挑戦することになってしまいました。その挑戦の模様をレポートでお届けします。

超巨大な流しそうめん器に緊張!

nodogoshi_guiness2

会場となったのはベルサール秋葉原。巨大な『のどごし<生>』の缶から水が流れ、竹の樋(とい)をそうめんが滑り落ちる超巨大流しそうめん器が設置されていました。

nodogoshi_guiness3

会場には大きく「ギネス世界記録に挑戦!」の文字が。今回の挑戦は「Most people catching flowing noodles consecutively(連続して流し麺をキャッチした最多人数)」がギネス世界記録の正式名称で、現在の記録は新上五島町が2014年10月26日に記録した“110人”

nodogoshi_guiness4

会場にはこれを超える人数の応募者が参加して、世界記録挑戦への士気を高めています。

nodogoshi_guiness5

会場の隅には一般的なサイズの流しそうめん器を設置。今回の挑戦についてルール説明を受け、簡単な練習ができるようになっています。「箸を水につけて麺を待つのはNG」「箸が樋(とい)に触れるのはNG」「1本でも取れて、容器に入ればOK」など、けっこう細かいルールが決められています。筆者の場合、ここでの練習は一発OK。これは楽勝、と思ったのですが……。

nodogoshi_guiness6 nodogoshi_guiness7

本番で使う超巨大流しそうめん器に近づいて見てみました。で、デカい。角度は急ではないので、猛スピードで流れてくるわけではなさそうですが、ちゃんとタイミングよくそうめんをキャッチすることはできるのでしょうか。急に不安になってきました……。

1 2 3 4次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。