ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最近、町田で注目の「つけ麺」があるらしい @東京都町田市『ヌードルズ』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今回は東京都の外れにあるヤンチャな街、町田駅に隣接する『noodles』(以下、ヌードルズ)を紹介してみましょう。

隣にはラーメン界で有名な『胡心房』があり、ラーメン屋さんとしては、なかなかアグレッシブな立地です。

その為に、どうしても『胡心房』と比べられてしまいがちですが、実は町田のラーメンマニアの間で

「最近のヌードルズはイケてるんじゃないか?」

と言う噂があるのです。その噂の真偽を確かめる為に、筆者も早速『ヌードルズ』に行ってみました。

元ホテルマンならではの接客

ちなみに『ヌードルズ』は店主と奥さんの二人、希に休日に娘さんが出ると言う「家族経営」のラーメン屋さんです。

さすがに「元ホテルマン」だけあって接客は一流で、一分の隙もない対応は好印象です。

そして『ヌードルズ』の店主は「元ホテルマン」と言うだけではなく、あの『青葉』で5年間の修行をした実力者でもあります。

『ヌードルズ』で、つけ麺を食す!

『青葉』で修行したとなると、やはりラーメンを食べるべきかなとも思ったのですが、逆に「つけ麺」と縁のない『青葉』で修行した店主の作る「つけ麺」が気になったので、今回は「つけ麺大盛り」にしてみました。

他にも、筆者は最近「つけ麺」に目覚めたと言う私的な理由があったり、微妙に暑い日だったと言うのもあります。

『ヌードルズ』の「つけ麺」は標準でも250グラムあるのですが、大盛りだと100円増しで350グラムの麺量になるので、そこは大盛り1択です。

ちなみに筆者は麺を研究する為に大盛りに行きましたが、実は『ヌードルズ』はサイドメニューの「日替わり御飯」的な何かにもチカラを入れています。

レギュラーでも「チャーシュー丼」や「塩チャーシュー丼」があるので、麺の大盛りに行かず御飯系に流れるのも正解ですね。

オープンキッチンでカウンターも低いので、調理している様子が良く見えます。

この時に「失敗したかも…」みたいな後悔の念に駆られるラーメン屋もちょいちょいあるのですが、この『ヌードルズ』に関しては大丈夫ですね。

丼もちゃんと温めているし、チャーシューやメンマも温め直してから提供しています。

麺の洗い方も水切りもバッチリです。希に丼の底に水が溜まるレベルの「キレてない感」のある、微妙な「つけ麺」に出会いますが『ヌードルズ』なら心配ありません。

『つけ麺大盛り』(850円)を食す!

そして実食!

実は今回は「麺」に軸を置いているので、最初は麺の方から行ってみます。

まず何もつけずに麺だけで一口…

『ヌードルズ』の麺は「つけ麺」にしては珍しく、幅広の平打ち麺です。

最近は太麺を超えた「極太麺」とも呼べるくらいの麺が流行っていますが、平打ちの麺も捨てがたいですね。やはりスープの絡みも「運び」も良いですから。

加水率は高めでツルっとした食感です。コシもあるので「つけ麺」には向いていると思います。

そして、筆者が『ヌードルズ』に訪れた最大の理由は、この麺の色合いにあります。普通よりも茶色がかった麺で、なかなか見られない麺だと思います。

ラーメンの麺も、最近は色々とこだわって特注する店が多く「全粒粉」をブレンドした麺も少なくありません。

この『ヌードルズ』の麺も「つぶつぶ感」のある全粒粉で、しかも全体的に茶色っぽいのが特徴です。

普通の小麦粉よりも「全粒粉」の方が小麦の香りが出るのですが、逆に味の方にクセが出るので、パスタなどでも賛否が分かれるポイントです。

そんな「全粒粉」をあえて使ってくるのですから、製麺マニアとしては『ヌードルズ』を見過ごす事は出来ません。

辛味が立つダブルスープ

スープは魚介と動物系のダブルスープです。最近は「つけ麺」でダブルスープは「主流」とも言えるくらいスタンダードになっています。

『ヌードルズ』の特徴としては酸味や甘さよりも、ちょいと「辛味」が感じられる事でしょうか?

スープの濃度もそこそこ高く、割と動物系の脂が感じられるので「全粒粉」を使った『ヌードルズ』の麺に良く合います。

「麺」ほどの尖った個性はスープの方には感じられませんが、普通に「つけ麺」のスープとしては美味しいと思いました。

バックを固める具材も良し!

そして「麺」と「スープ」を支える具も、なかなかレベル高いですね。

チャーシューは「肩ロース」と思われますが、丁寧に巻かれて柔らかく煮込まれています。

しいて言うなら、せっかく大きく巻いてあるのだから、もっと大振りに切ると「ビジュアル的なインパクト」が出ると思いますね。

無論、味は変わらないし「つけ麺」的には、このくらいの大きさの方が食べやすいかもですが、大きなチャーシューを丼に立てかけるくらいの方が、インパクトがある事は間違いありません。

そして、何気に『ヌードルズ』で評価が高いのが、この「メンマ」です。自家製だそうで、厚めに割かれた「メンマ」は醤油ダレの味だけではなく

「メンマが持つ本来の味」

を感じる事が出来ます。結構「塩分控えめ」な味付けですが、逆にこのくらいの方が筆者は好きですね。

もしかしたら「自家製」なので、安い「塩漬けメンマ」ではなく、生のメンマを手間暇かけて戻しているのかもです。

だとすれば、この美味しさも納得出来ます。

こういう細かい所にもこだわり、手を抜かない店は名店になる素質があると思います。

『ヌードルズ』つけ麺 総評

町田にある「有名店の隣」と言うアグレッシブな立地からして

「超並んでるから、今日は隣に行ってみるか」

みたいな「棚ぼた」を狙った店と思われがちですが、棚ぼたどころか『ヌードルズ』は実力のある店であると確認した筆者でした。

いや、これは『ヌードルズ』のラーメンを知らずに、隣で行列している場合じゃないって話ですよ、お客さん。

確実に『ヌードルズ』の『つけ麺』はキテますね。

若干、麺やメンマに比べて、スープに「突出した何かが無い感」は否めませんが、普通に「つけ麺」としての完成度は高いと思います。

ちなみに店内はオシャレな感じで、女性やカップルにも良さそうな感じです。

あと、ラーメンと1㎜も関係ないのですが、あえて言おう!

「店主の奥さんが超美人な件の是非」

ちなみに店の内装は奥さんの意向で、女性でも入りやすいようにカフェバーっぽくウッディーな感じです。まあ、ウッディーと言うかログハウスっぽいと説明した方が分かりやすいですね。

あとカウンターも広くて空調も効いていたので、色々な意味で居心地が良いラーメン屋さんだと思います。

確かに、この造りならデートで訪れても問題ないでしょう。いや、むしろ積極的に活用すべき店です。

まだオープンして2年目なので、これからどんどん成長する町田の注目店だと思います。

それでは、みなさんも是非『ヌードルズ』に、食べに来てみて下さい。

『ヌードルズ』

住所:東京都町田市 原町田 4-1-1

月~金  11:30~15:00 17:30~21:00
土日祝日 11:30~19:00

定休日:火曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP