体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

創業1976年!八王子ラーメンの老舗に行ってみた @東京都八王子市『トモエ』

tomoe-2_R

今回は「八王子ラーメン」でも、ちょいとマニアックな『トモエ』を紹介してみましょう。

そして、毎度の事で恐縮ですが「八王子ラーメンとは、なんぞや?」を簡単に説明しますと

「ラーメンに玉葱がONしてる」

みたいなラーメンが「八王子ラーメン」となります。普通はラーメンに長ネギを使うのが一般的ですが、八王子は生の微塵切りにした「玉葱」が入っています。

筆者も最初は「コレじゃない感」みたいな違和感がありましたが、慣れてくると

「ラーメンに玉葱の微塵切りは必須!」

となり、気がつくと家でもラーメンを作る時は「玉葱の微塵切り」を入れるようになります。

所在地からしてマニアックな『トモエ』

tomoe-8_R

「八王子ラーメン」の店は意外と住宅街の中にあったりもしますが、多くの店が八王子駅と西八王子駅の周辺に集中しています。

なので「八王子ラーメン食べ歩き」の場合は電車だけでも行けるので、車が無くても意外と余裕だったりもします。

しかし、一部の「八王子ラーメン」の名店は住宅街の中に溶け込んでいて、なかなか遠征しにくい場所にあるのです。

そんなマニアックな店の中でも、よりマニアックと言うか地味なのが1976年創業の老舗『トモエ』で御座います。

まず外観からしてシブいですよね…

本当に、この店で大丈夫なのか不安になってしまいます。

しかし!

何気にコアな「八王子ラーメン」マニアの中では、なかなか高評価の名店なのです。

『トモエ』でラーメンを食す!

tomoe-5_R

全体的に地味な感じなので、速攻で実食レポに突入です。

他の「八王子ラーメン」の店が、少なからぬ遠征組の異邦人が居る中、この『トモエ』は限りなく地元の人で占められている感じです。

「この限りないアウェー感…」

そう言った意味での「落ち着かない感」は否めませんが、店内は落ち着いた昭和のラーメン屋さんと言った様相で、懐かしさを感じます。

スープはあっさり淡麗系

tomoe-4_R

あまりラーメンで「淡麗系」とか表現したくない筆者ですが、この『トモエ』のスープは「八王子ラーメン」の中でも、あっさり味かと思われます。

なんでも鰹節や鯖節などの乾物をふんだんに使ったスープで、出汁にはあまり動物系の出汁を使っていないとの事。

しかし、決して弱いスープでは無く、ボディのある芯の通ったスープで「あっさり」と感じるのは、余計な雑味が無いと言う意味です。

総じて「八王子ラーメン」は、どの店もスープのレベルが高いのですが、その中でも筆者は『トモエ』のスープが好きなんですよね。

麺は極細麺だがコシがある!

tomoe-6_R

そして『トモエ』のラーメンで一番特徴的なのが、この極細麺と呼べるほどの「細麺」でしょうか?

麺の細さだけで言えば「九州ラーメン」に匹敵する細さです。しかし博多の「九州ラーメン」と違うのは、やはり「加水率」と「かんすい」でしょう。

極細麺なのに噛むと押し返すような弾力があり、実に力強い麺に仕上がっています。

筆者も趣味で製麺しますが、この太さでこのコシと弾力はなかなか難しいですね…

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。