体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リズムネタ「本能寺の変」で大人気の“エグスプロージョン”って何者? 本人たちを直撃してみた

IMG_4113

『YouTube』にて今年3月末に公開された動画『踊る授業シリーズ「本能寺の変」』“エグスプロージョン”と名乗るダンスユニットが軽快なリズムとキレッキレのダンスで“本能寺の変”について詳しく教えてくれるという内容で、5月頃から再生回数が一気に急上昇。「本能寺の変、おもしろすぎて爆笑!」「あのメロディが頭から離れない」とネット上で旋風を巻き起こし、中高生を中心に「マネしてみた」系の動画も数多く投稿されている。

踊る授業シリーズ「本能寺の変」(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=_b77mjDbips

一方で「気になって調べたけど情報が少なすぎ」「え? 芸人じゃないの?」と、彼らの正体について詳しい情報を渇望する人も続出している模様だ。そこでガジェット通信は、世間の声を代表して「一体、何者なの?」という率直な疑問をぶつけるべく、エグスプロージョンのまちゃあきさん、おばらよしおさんを直撃してみた。

ダンスの楽しさを広めたい

――踊る授業シリーズの動画が軒並み大人気となっていますね。6月16日時点で「本能寺の変」が430万回再生を突破しました。

IMG_4137

まちゃあきさん(以下、まちゃあき):本当にありがたいです。『YouTube』の動画投稿は本格的に力を入れ出したのが今年に入ってからで、当初の再生回数は400~500くらいでした。それに比べたら、もう天文学的数字ですよ。ワケが分からなくて気持ちが追い付いていないです。

――身の周りで変化を感じることはありますか?

まちゃあき:最近はテレビにも出演させていただいて、苦労を知っている先輩方からは「お前らよく耐えたな!」と褒めていただきました。でも街で声を掛けられることは全くないですね。

IMG_4127

おばらよしおさん(以下、おばら):たぶん僕らは学ランのイメージが強いんだと思います。動画を繰り返し見てくれる人でも、学ランを脱いでメガネを外しちゃうとまだまだ気付いてもらえないのかと。

まちゃあき:あとは僕らの耳元にはまだ届かないところで、(所属事務所の)よしもと上層部の動きが激しくなってきたというか、何かザワザワしているのは感じています(笑)。

――よしもとの所属ですけど、お二人は“お笑い芸人”ではないんですよね?

おばら:はい、ダンサーとして頑張っています! 20歳くらいの時に山口県出身のリーダー(まちゃあき)と神奈川県出身の僕が東京のダンススクールで出会って、そこからユニットを結成しました。

――エグスプロージョンというユニット名の由来は?

おばら:“爆発”を意味する“エクスプロージョン”に、“エグい”という単語を組み合わせたのが由来です。ウェーブやロボットダンスの動きを取り入れた自分たちのダンスを、「エグい動き」って呼んでいたんです。だから“爆発的にエグい”という意味の造語で“エグスプロージョン”と名乗っています。当時、20歳そこそこの世間知らずな若者が考えた事と思って聞いてください(笑)。

1 2 3次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。