ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

辿り着けばそこは楽園!?片道3km超え“世界最大の迷路”が世界で話題!

Labirinto della Mazone

イタリア・パルマのコムーネ(自治都市)、フォンタネッラートに先月、ユニークな施設がオープンした。

空から見ると美しい星形のそれは、“巨大な迷路”。

Labirinto della Mazone

「The Masone Labyrinth(メゾン・ラビリンス)」は、イタリア人エディターのFranco Maria Ricci(フランコ・マリア・リッチ)氏がデザインを手掛けた住宅兼アートミュージアム、そして図書館や多目的広場を備えた複合施設。

Labirinto della Mazone

総面積1万9530坪という、とてつもなく広大な土地に作られた迷路は、約5mの高さの竹が壁の役割を果たしており、中央の建物に行き着くにはこの迷路を抜けなければならない。

Labirinto della Mazone

行き止まりや引き返しを繰り返しながら、ゴールに辿り着くまでの距離は、およそ3.2km程度(!?)だそう。

あまりに広すぎるので、迷路の中には“ヒント”が用意されている。

Labirinto della Mazone

長~い道のりを経てゴールに辿り着けば、荘厳な現代建築が出現!

Alte_Labirinto

館内には、疲れた身体を癒やしてくれるカフェやレストランもあり、楽園のように感じることだろう。

こちらの建物は、ウェディングやパーティー会場としての利用も受け付けているそう。

Labirinto della Mazone

「メゾン・ラビリンス」は火曜が定休日。毎日10時から19時までの営業で、入場料は15~18ユーロ(日本円で約2000円~2500円)。

Labirinto della Mazone

現在のところ世界最大サイズというこちらの迷路、イタリア旅行に行かれるさいは一見の価値ありかも!?

Labirinto della Masone
http://www.labirintodifrancomariaricci.it/

旅行(まとめ)

生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。