衝撃の“未完”からクラウドファンディングで“規制”のない続編製作へ 漫画『クリームソーダシティ』作者・長尾謙一郎インタビュー

access_time create folderエンタメ
cream

2014年5月、週刊ビッグコミックスピリッツに連載されていた長尾謙一郎先生の漫画『クリームソーダシティ』が“とある権力からの勧告”を受けて突如打ち切り、“未完”を掲げて連載終了となり、大きな話題を読んだ。

『クリームソーダシティ』は、かつて原宿系めちゃパラPOPな音楽ユニットを組んでいた主人公2人が、“正しいことをする(DO THE RIGHT THING)”非営利団体を組んだ末に政治家を銃撃、その瞬間“クリームソーダシティ”という不思議な世界に飛ばされてしまうという、可笑しさと怖さが渦巻く長尾節全開の作品。
単行本は2巻まで販売されているが衝撃的な展開の最終話で締めくくられており、多くの読者の心に底の見えないぽっかりとした穴を空けたことだろう。

s-cream1

しかし今年5月、長尾謙一郎先生がクラウドファンディングサイト『FUNDIY』を利用して『クリームソーダシティ』続編製作のためのクラウドファンディング(資金募集)をスタートした。出資へのお返しとして、“『クリームソーダシティ』にあなたが登場する権利”や、作者自身が漫画の主人公のように支援者に対して“DO THE RIGHT THING(トイレ掃除、ペットの散歩など)してくれる権利”などもあり、かなり意欲を感じるものとなっている。

FUNDIY『長尾謙一郎「クリームソーダシティ」続編制作プロジェクト』
https://fundiy.jp/project/eOvjCaErcxxthC3X[リンク]
※7月10日まで続行中

『ガジェット通信』では、長尾謙一郎作品読者の記者2名でインタビューを敢行。この『クリームソーダシティ』の続編製作について、そして状況が大きく変わりつつある現在の漫画業界、青年誌が抱える問題について、長尾先生ご本人にお話を伺うことができた。

漫画『クリームソーダシティ』作者・長尾謙一郎インタビュー

記者1:まず最初に、『クリームソーダシティ』が打ち切りとなった理由ってなんだったのでしょうか。
長尾:……それ聞きますか? じゃあ、「××××××が×××××だったんです!」「ええ~~~っ!!」って書いておいてください(笑)。
記者1:伏せましょうか(笑)。
長尾:いまは漫画にしてもなんにしても、表現が難しい時代ですからね……。なんだろうな、“表現を規制する社会との心中”とか“自分の中にいるダークカウンタープレイヤーをびっくりさせる方法”とかにしておきましょうかね(笑)。

記者1:今回、『クリームソーダシティ』の続編をクラウドファンディングで描こう、となった経緯はなんだったのでしょうか。
長尾:『ギャラクシー銀座』っていう作品のあたりから、「これからはウェブでやっていく時代なのかもなぁ、未来の漫画の形ってそうなのかなぁ」と思ってはいたんですね。で、2014年5月に『クリームソーダシティ』が未完で終わって、「ちょっとクラウドファンディングやってみようかなぁ」なんて思っていて。そのとき抱えてる仕事が落ち着いた10月くらいにはもう気持ちが冷めつつあったんですけど、今回の『FUNDIY』の方から「やりませんか」と言ってもらって。
永井(『FUNDIY』スタッフ):ちょうど色々いいタイミングが重なったんですよね。
長尾:そですね。あと物語って運命があるので、途中で「おしまい!」って封じ込めることはできないんですよね。描いてる僕は「あれは終わったんだなぁ」くらいに思っていたんですけど……終われないんですよね。ドラマチックな漫画だなと思いますね。漫画の持つ運命が勝手に導いてくれたという感じがしますね。

5話制作分の目標金額達成 しかし“完結”までには足りない

記者1:『クリームソーダシティ』の終わりの構想ってもうできているんでしょうか?
長尾:もちろんもちろん。いま2巻しか出てないんですけど、最短で3巻のつもりだったんです。なのであと15話くらいあれば終わるかなと。ただ、15話分のお金を一気に集めようとするとかなりの金額になってしまうので、今回のクラウドファンディングもひとまず目標額が5話分(200万)ってことになってるんですね。
記者1:今回のクラウドファンディングで5話分描いたら、また新たにクラウドファンディングで資金を集めて、という想定なんでしょうか?
長尾:う~~ん……いちおう、今回のクラウドファンディングは目標金額を達成してるんですよね。
記者1:いま目標金額200万のところ235万までいっていますよね(6/3時点)。クラウドファンディング自体は7月10日まで続くので、5話分以上集められそうですね?
長尾:出資してくださったみなさんの中には結構「終了までがんばってください!」とコメントして下さる方もいて。「5話で終わると思ってるのかなぁ~」と思っちゃって。でも15話、必要なんですよねぇ……。
永井:それでは目標金額を追加して「500万円達成すれば完結」ということでどうですか?
長尾:……それはいいですね、やっぱり完結させたいからなあ。少し考えてみます。

漫画業界には「けっこう無茶なことを許してもらった」

記者1:私、以前、佐藤秀峰先生にインタビューをしたことがあって。秀峰先生は漫画業界にすごくお怒りになっていて、ご自身で漫画onWebというウェブコミックのサイトを立ち上げてらっしゃいましたけど。長尾先生も漫画業界には何か一家言あるのでしょうか。
長尾:全然ないです。僕は出版社とケンカしたことはないんですよねぇ。お世話になりっぱなし、あと迷惑かけっぱなしです(笑)。あと、ちなみに秀峰さんとは親友です。
記者1:作品の内容について出版社から何か言われたことは?
長尾:「こうしましょうよ」って言われることもあんまりなくて、俺いつもほったらかしですねぇ。原稿見てもらって、「ワッハッハ~!!」って笑ってもらって。でもさすがに、「これはちょっと………」って言われることはある(笑)。でもそれでケンカになることはないです。「ダヨネ!」でおしまい(笑)。けっこう無茶なこと許してもらってますよ。
記者1:(笑)。ちなみに「これはちょっと」と言われた作品ってどの作品ですか?
長尾:全部(笑)。「今回の話は絶対単行本に載せるなよ!!」と上層部の方々から言われたことありますね(笑)。でも愛蔵版が出たときにこっそり入れました。すみません(笑)。「これだけは!これだけはだめだ!」と円卓の人たちに怒られたようです(笑)。
記者2:『おしゃれ手帖』を改めて読み返すと、「これ載せちゃうんだ!」という内容もありますけども(笑)。
長尾:結構いつもねぇ「やばいかな~!」と思うことをやるんですけど、意外と編集者の方、「いいんじゃない」って言ってくれるんですよね。

1 2次のページ
access_time create folderエンタメ

レイナス

おもにホラー通信(horror2.jp)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧