ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DAIGOが挑戦する「超長距離マラソン」 世界最長は?

DAIGOが挑戦する「超長距離マラソン」 世界最長は?

 ミュージシャンのDAIGOさんが、今年の日本テレビ系『24時間テレビ38 愛は地球を救う』(8月22日・23日に放送予定)のチャリティーマラソンランナーを務めることが決まり、話題を呼んでいます。昨年のランナー、TOKIOの城島茂さんは見事完走を果たしましたが、果たしてDAIGOさんはどのような走りを見せてくれるのでしょうか。

 この24時間テレビのマラソン。毎年、ゴールの瞬間には見ている側に涙をさそいます。それだけ過酷ということなのですが、マラソンの世界には想像を絶する過酷なレースがあります。
 それが、「ウルトラマラソン」です。

 ウルトラマラソンとは、42.195キロを超える超・長距離マラソンのこと。
 世界最長といわれる「The Self-Transcendence 3100 Mile Race」はなんと3100マイル(約5000km)もの距離を走ります。
 また、「バッドウォーター・ウルトラマラソン」というレースは、最高気温摂氏50度、路面の温度は90度超、標高差3962メートルという環境下で、3つの山脈を越え、217キロの道のりを走り抜けるという過酷なものです。
 そんなバッドウォーター・ウルトラマラソンをはじめとして、数々のウルトラマラソンを完走してきた著者による『違う自分になれ!ウルトラマラソンの方程式』(岩本能史/著、講談社/刊)には、著者自身のランナーとしてのキャリアやマラソンにかける思いが存分につづられています。

 バッドウォーター・ウルトラマラソンのような極限の状況におかれると、脳はどのような働きをすると思いますか? このような状況になると、脳は命を守ろうとストップ信号を出し、幻覚や原因不明の痛み、食欲の低下、異様な眠気などを起こすそうです。
 では、どうしてそんな過酷なレースで走り続けるのでしょうか。その問いに対して、岩本さんは本書で「もっと違う自分になれる気がするし、なろうと思う」と明かしています。長い距離を走る過酷なレースを通して自分を変える。つまり、「変身欲」です。

 本書では「大事なのはレースに向かう姿勢、覚悟」「覚悟と準備に結果は比例する」「走り続けることというのは、学び続けること」など、アスリートならではの熱い言葉にふれることができます。
 残暑厳しい時期に挑戦する「24時間テレビ」のマラソンはかなり過酷なものであるはず。ぜひ、DAIGOさんの走りを応援しましょう。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
レース直前24時間で、マラソンタイムを30分縮める方法
東京マラソン、ランナーの“絆の物語”
猫ひろしが全国各地のマラソン大会をレポート!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy