ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

中国・中山大がヒトの受精卵の遺伝子改変についての論文発表 倫理面から批判が集まる

a0001_013545

中国・中山大の研究チームは、4月18日に科学雑誌『プロテイン・アンド・セル』オンライン版に、生育できないヒトの受精卵を使い、遺伝子の改変を行った実験について論文を発表しました。

先天性の疾患の中には、遺伝子の異常によって起こるものが少なからずあります。近年、急速に進歩を遂げた遺伝子の改変を行う「ゲノム編集技術」は、先天性疾患の根治療法として期待が高まっています。

しかしながら、病気を引き起こす遺伝子だけを編集できる精密な技術が確立しているわけではありません。これから細胞が分裂して組織が作られていく受精卵に対して遺伝子編集技術を用いることは、倫理面の問題だけでなく、危険性も高いことから実験については控えるように合意が求められていました。

中山大の研究グループの研究論文によれば、先天性の血液疾患の原因となる遺伝子の編集を行うよう86個のヒトの受精卵で実験。遺伝子編集操作を行った後、71個の受精卵が生き残ったとのこと。また、71個の受精卵のうち、28の受精卵が狙った遺伝子を編集できたことが確認でいたとしています。ただし、狙った遺伝子以外も改変された可能性があり、現時点ではヒトの遺伝子編集技術は実際の治療に応用するには今後の研究が必要と結論づけています。

この研究について、各国から倫理面に問題があるとして批判が集まっています。中山大のグループは、倫理的な問題を避けるために、もともと遺伝子に問題があり、生育が不可能な受精卵を実験に使用したと弁明しました。

非常に有意義な技術であり、実際に病気に関連する遺伝子を編集できるようになれば、対症療法しか対応策がない遺伝性疾患を根本的に治療できるようになります。そのため、非常に魅力がある研究とされていますが、結果を急ぎすぎることによって危険な側面があることから、今後も慎重な研究の進展が望まれます。人を実験に使うわけですから、全員が幸福になる結果を厳密に守りながら、技術を発達させてほしいですね。

※写真は足成 http://www.ashinari.com/2011/05/22-347845.php より

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 松沢直樹) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき