ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パパママ必見! 無料ワークショップに予約殺到の“エリアベネッセ青山”に行ってみた

エリアベネッセ青山

昨年11月にオープンした“エリアベネッセ青山”を訪問してきました。実はこの“エリアベネッセ”の無料ワークショップ、モノによっては予約が取れないほどの人気なのだとか。どんな感じなのでしょうか。

IMG_9120_f

“エリアベネッセ”はその名前の通り、ベネッセグループによるサービス。“会えるベネッセ”を合言葉にした「地域の学びの相談窓口」です。「ショールーム的なものなのかな」と思いきや、想像以上に開放的なスペースで“開かれた教室”のようなイメージでした。

着目するポイント、人気の理由を中心に紹介してみたいと思います。

ワークショップのテーマは「子供の興味」が第一

IMG_8968_f

今回参加したのは、3月8日に行われた『ロボットワークショップRomo(ロモ)を思いどおりに動かしてみよう!』というイベント。

IMG_8987_f

『Romo』は以前、ガジェット通信でも紹介したiPhone/iPodTouchと連動する知育ロボットです。

iPhoneがロボットになる! 知育ロボット『Romo(ロモ)』を試してみたよ | ガジェット通信
https://getnews.jp/archives/675424 [リンク]

このワークショップでは、『Romo』を通じてプログラミングの概念を学ぶ、というのがテーマ。

IMG_8955 IMG_9117_f

イベントは“エリアベネッセ”の一角で行われていますが、全年齢対象の出入り自由なオープンスペースということもあり、周囲の机では、色々な学習教材と戯れる幅広い年代の子供たちとともに、お父さんお母さんがくつろいでいました。実はこのユルさも人気のポイントなのです。

IMG_8975_f

今日のコーディネーターは科学コミュニケーターの大崎章弘さん。早稲田大学理工学研究所の研究員でもある大崎さんはロボットや設計工学が専門。このように“その道の専門家”が来ることも、ここのワークショップの人気の要因です。

IMG_9068_f IMG_9075_f IMG_9111_f

大崎さんの口調はあくまで子供目線。最初は『Romo』を手にしつつも緊張気味だった子どもたちでしたが、次第に雰囲気も和らぎ、最終的には“お題”ができた子たちが「できました! 見て!」と積極的にアピールしていました。

しかし『Romo』自体、実はベネッセと直接関係ありません。このワークショップに限らずベネッセ商材と直接関係のないテーマでイベントをすることは多いようです。

普通、無料イベントというと“自社製品をアピールするため”という印象なのですが、どうやら“エリアベネッセ”の場合、軸足は違うところにあるようです。

その点も含め、店長さんにもお話を伺ってみました。

未来の科学者に立ち会えているという実感

IMG_9147_f

お話を伺ったのは、“エリアベネッセ青山”の店長・島田亮さん。「今回のRomoもそうですし、かけっこ教室やプラネタリウム、恐竜の造形なんてワークショップのもあります。過去、人気のものは速攻で予約が終了してしまいました。そうしたものについてはもう一度、開催したりするケースもありましたね」

1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy