ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

『メイドですから!』から音無花蓮が飛び出した!? 池袋・銀塩寫眞館で2.5次元イベント開催中

meid

まもなく到来するバレンタインデーに向け、街はすっかりハッピームード。

池袋にあるメイド喫茶『銀塩寫眞館(ぎんえんしゃしんかん)』では、そんなバレンタインに因んだハッピーバレンタインイベントを開催中だ。

0b2291a910

2015年2月11日(水)から15日(日)までの期間限定で開催されているのは、人気電子マンガ『メイドですから!』とコラボレーションした2.5次元イベント。

『メイドですから!』は、おばあちゃんのようなメイドになることを夢見てメイド修行に励む少女・音無花蓮を主人公にしたラブコメディ。

2012年と2013年には『Amazon Kindle』全米英仏電子漫画チャートのベストセラー部門で1位を獲得し、今や日本語のみならず英語・フランス語・中国語・韓国語・インドネシア語・ポル­トガル語などに訳され全世界で配信されているという、世界中で人気の漫画です。

同イベントは、期間中に同店のメイドさんが『メイドですから!』の花蓮のコスチューム姿で給仕してくれるという、まさに”リアル音無花蓮”と遭遇できるイベントなのだ。

こういった2.5次元系のイベントを楽しむかどうかは人それぞれだが、街がハッピームードに包まれる時季だからこそ、ちょっと試しにというノリで足を運んでみるのも面白そう。

期間中は、5000円以上の会計でミニチョコプレゼントとチェキ撮影も楽しめるという。

■参照■
・『メイドですから!』公式サイト
http://www.japamanga.com/title/j0025.html
・『メイドですから!』公式モーションアニメビデオクリップ
https://www.youtube.com/watch?v=JmgFlpkxfqU
・銀塩寫眞館 公式サイト
http://silver-salt.jp/index.html

(C)酒井さゆり

※この記事はガジェ通ウェブライターの「北島 要子」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき