朝鮮学校を政治利用しようとする右や左の皆さんへ

access_time create folder政治・経済・社会
小学校笑いぐさ日記

今回はfilinionさんのブログ『小学校笑いぐさ日記』からご寄稿いただきました。

朝鮮学校を政治利用しようとする右や左の皆さんへ
「朝鮮学校無償化 結論先送りへ」というニュースや関連した一連のニュース、そしてそれに対するブックマークを見ていてつくづく思うこと。

『朝鮮学校無償化 結論先送りへ』 NHKニュース

最初に書いておくと、私は朝鮮学校を学校として認定することには懐疑的だし、高校無償化の対象にするのも慎重であるべきだと思っています。……と書くと、「不当な朝鮮人差別だ!」といった批判があるとは思います。

一方、慎重論の立場の人からは、「反日教育をしている学校を支援してやる必要はない」とか、「拉致(らち)問題・核開発が……」といった話が出てくることと思います。

ただ、私としては、それらは全て、この問題の中では重要性の低い……というか、本来関連づけてはいけない論点だと思うのです。唯一重要なのは、「朝鮮学校は高校相当の教育を行っているのか」という点ではないでしょうか。

日本の学校(学校教育法第一条に定められた、いわゆる“一条校”)は、設備や人員について厳格な基準があり、教育内容についても、学習指導要領をはじめとする基準を満たすことが要求されています。従って、だれかが自前のテキストを用意して自宅で私塾を開き、中卒の生徒を募集した上で、「本校は高校生と同年齢の子どもに教育を施している。つまり本校は高校である」と言っても認められません。

つまり、これらの基準を定めることによって、国内の学校に通う児童・生徒は、ちゃんとした教育を受けられることが保障されているわけです。

朝鮮学校関係の議論で、極端な人の中には、「一条校以外は支援の対象から外すべきだ」という意見がありますが、私としては、それは狭量すぎると思います。学校教育法や学習指導要領というのは、本来“我が国の未来”を考えて定められるもので、インターナショナルスクールのような、外国人のための教育はそもそも想定していません。*1 ですから一条校でなくとも、高校相当の教育を行っているなら、支援の対象に含まれるべきだと思います。

そして、そこでは思想的に反日であるとか、北朝鮮と日本が外交的に緊張しているとかいうのはどうでもよいことです。日本の学校を出た人の中にだって、いわゆる“反日”的な思想を持った人はいくらもいるわけですし *2 、我が国は思想・信条の自由を保障していますから。

例えば、我が国は、中華学校卒業生には大学受験資格を認めていますが、仮に将来、日本と中国の外交関係が緊張したからと言って、(教育内容に変化がないのに)これが取り消されるようなことはないし、あってはいけないのです。

一方、仮に朝鮮学校が十分な水準の教育を行っていないのだとしたら、それで迷惑を被るのは生徒たちです。それを日本政府が支援するのは、差別と戦っているというより、むしろ、朝鮮学校出身者の知的水準が低くなるよう支援するようなものです。

よく、「インターナショナルスクールには大学受験資格が認められているのに、朝鮮学校に認めないのは差別だ」とかいう主張をする人がいますが、それは事実誤認です。実際には、日本政府も、なんの審査も基準もなく、各種インターナショナルスクールに支援をばらまいているわけではありません。『学校教育法施行規則及び告示の一部改正について』で示されているとおり、まず第一に“評価団体による評価”という視点があります。

『学校教育法施行規則及び告示の一部改正について』 文部科学省
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo1/gijiroku/03101601/012.htm

世界には、WASC、ACSI、ECISといった教育認定機関があります。日本政府はこれらの団体による認定を受け入れています。このため、これらの団体が「教育機関としての水準に達している」と認めれば、大学の受験資格が得られるわけです。

また、“本国での位置付けを尊重”という考えかたもあります。
前述の認定機関が欧米に偏っている、という批判もあったことから、本国において高校相当と認められている教育機関ならば、個別に認定する、ということです(言い換えれば、本国政府を教育認定機関と見なす、ということだと思います)。

で、朝鮮学校はどうか。彼らは教育認定機関の認定は受けていません。残念ながら。本国での立場……。朝鮮学校に“本国”は存在しません。「北朝鮮だろ」という意見もあるでしょうが、それは事実ではありません。朝鮮学校は北朝鮮の出先機関ではありませんので。建前上は。*3

あえて“本国”を考えるとしたら、それはいつか誕生するかも知れない統一朝鮮、あるいは、すでに存在しない“大韓帝国”でしょう。どっちにしても今は存在しませんので、朝鮮学校は“本国”の認定を受けてはいないのです。

……と言うと、「朝鮮半島が分断されているのは、日本にも歴史的責任があるじゃないか」という声もあろうかと思います。それはその通りですが、それとこれとは切り離して考えるべきです。

例えるなら、えん罪で死刑に処されてしまった死刑囚のようなものです。
その人が死んだのは日本政府の責任です。しかし、だからといって、生きていると認められるわけではありません。その人名義で親権を得ようとしたり扶養親族として申請したりしても、窓口で「だって死んでるでしょ」と言われるでしょうし、それに対して「殺したのは日本政府ではないか!」とか叫んでも認められないでしょう。

同様に、朝鮮学校に“本国”が存在しないのは、ある程度日本の責任ですが、だからと言って、朝鮮学校がどこからも教育水準の認定を受けなくていいことにはならないのです。*4

だから、「インターナショナルスクールは認めるのに朝鮮学校は認めないのは不当な差別だ」というのは、各校の実態の違いを無視した不合理な空論なのです。というか、教育問題を語るにあたって、教育水準の問題を度外視する人って、教育機関をなんだと思ってるんでしょうか。

ともあれ、ここまでまとめると、
高校相当の教育を行っているなら支援すべき。そうでないなら支援してはいけない。
− 政治思想や外交関係、歴史問題など、教育水準と無関係なことを勘案すべきではない。 
ということになります。

1 2 3次のページ
access_time create folder政治・経済・社会

寄稿

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧