ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

芸能レポーター梨元勝が肺がんで死去 タブーに突っ込む人が……

梨元勝氏 最後のツイート

芸能レポーターで有名な梨元勝氏が肺がんで亡くなったと報じられた。そのことは『中日新聞』やフジテレビの『めざニュー』でも既に取り上げられており大きな話題となっている。

有名な芸能レポーターと言えば梨元勝、前田忠明、東海林のり子、井上公造といるがその中でも彼は独特のスタイルでタブーに突っ込んでいくことで有名だった。「恐縮です!」の一言で芸能人にグイグイ近づきしつこくレポートするスタイルは誰にも真似できないものだった。

最近ではテレビの出演数も減っており、また今年に入り肺癌を患っていることを公表。6月から闘病生活を続けておりそんな中でも『Twitter』でのつぶやきをやめずに投稿していた。では彼の最後のつぶやきはどのような物だったのだろうか。

「こんばんは、なかなか寝付けません。しばらくテレビ見ます。一人でトイレ行けないのが辛いです。いつも応援メール本当にありがとう!励まされます。頑張りまーす! 」

というもので、それ以降のツイートは他人による代打ツイートとなっている。この代打ツイートを行っている人の書き込みを見ると「メディア関係者各位>御大の怪情報が流れているようですが、10分前に奥様を介して生存確認が取れました。本人は元気に闘っております!ご心配いただき恐縮です」とのツイートがある。梨元氏の死去を否定するようなツイートだ。このツイートが行われたのが21日でこれを見た人が「死去はデマではないのか?」と混乱しているようだ。

梨元勝は芸能レポートのみならず、業界をこえてさまざまな企画に参加し、あらゆる業界で有名になっていた人だった。
そんな有名芸能レポーター梨元勝氏がいなくなって寂しい人も多いのではないだろうか。

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき