ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ネット連動のバラエティラジオ番組『wktkの枠』にアニソン・ボカロDJの帝王出演! 百花繚乱・二宮係長・DJシーザー特別インタビュー

wktk_集合

土曜深夜24時よりJFN系列で好評放送中のラジオ番組『wktkの枠』。ニコニコの顔ともいえるネットタレントの百花繚乱さんと、サブカル知識満載で歌も歌える二宮係長さんの2人が『ニコニコ生放送』と同時配信しながら放送している新時代のラジオ番組だ。ゲストを迎えてのトークや、他で聞けない『wktkの枠』ならではのコーナーなど、アニメやボカロ好きなネットユーザーや、初めてラジオを聴く人でも気軽に楽しめる番組となっている。

今回は、ゲストにDJシーザーさんを迎えた回を取材させていただいた。DJシーザーさんはロックから萌えまで幅広いジャンルを扱うアニソンボカロJポップDJ。『#俺的ボカロ曲ロックカバー祭 VOL2』が発売になったのを記念して『wktkの枠』に遊びに来てくれた。実は『wktkの枠』の2人もCDに歌手として参加しているということで、収録の裏話を聴いてきたぞ。

――まず、俺的ボカロ曲ロックカバー祭とはどういう企画なのでしょうか?

DJシーザー 元々、邦楽も洋楽もロックが好きで、音楽をはじめたきっかけがロックだったんですね。もちろんボカロも07年から大好きで。なのでボカロ曲のアレンジCDを出さないかという話が来た時に、じゃあボカロ好きだけどロックはあまり知らない層にも楽しめる音楽がやろうと思って「ロックアレンジでいこう!」とこういう企画となりました。

――ボーカロイドはいつごろから聴いているんですか?

DJシーザー クラブでボーカロイド曲を最初にかけはじめたのがおそらく07年にアキバ系DJしていた僕ら界隈からだと思います。ボカロPのkzさんとイベントで共演したり『みっくみくにしてあげる』とかが発表されたときからもうずっとかけてましたね。

――今回のVol2のコンセプトは?

DJシーザー よりロックな感じで行こうかなと。音質的にいうと、全体的にかなり音圧をあげています。バンドで言うとマキシマムザホルモンみたいな感じで、よりロック臭がしているんじゃないかと。あとは、やっぱりロックといえばギターじゃないですか。だから全体的にギターの音を全開にしてデカめにしてあってロックを感じられると思います。

――今回の7組の人選は?

DJシーザー なるべくバラバラになるようにしました。『ニコニコ動画』の歌い手、MC、生主、踊り手、といろいろなジャンルの方に歌ってもらいました。いろんな人に聴いてもらいたかったので、ひとつのジャンルに固定しませんでした。あとはダブルよっぴーがやりたかったというのがあります。『Wake Up, Girls!』の青山吉能さんとニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さんという2人のよっぴーがいて。『Wake Up, Girls!』のファンの方が真っ先にブログで取り上げてくださったりもしました。

――ダブルよっぴーというのは前から言われていたんですか?

DJシーザー 『Wake Up, Girls!』のイベントで吉田アナが司会をすることも多いんですが、その時に限って吉能ちゃんが来られなかったりなかなか実現しなかったんです。僕が『Wake Up, Girls!』好きというのもあって、実現できて本当によかったです。

wktk_DJシーザー

――収録中に面白かったエピソードはありますか?

DJシーザー 白石稔さんがものすごく踊りながら歌っていたのが面白かったです。あとは、吉田アナが最初はすごく照れているのがすごくかわいかったです(笑)

――吉田さんは歌のイメージがあまりないですよね。

DJシーザー いままで一回もないです。ずっと練習してもらっていて、録りはじめたら割りとすぐ収録が終わりました。最後にしゃべりの部分があったんですけど、「ギターソロ15秒に合わせてください」って言ったらビタっと15秒ピッタリでワンテイクで終わりました(笑)しゃべりはさすがでしたね。


【百花繚乱×二宮係長】ビバハピロックカバー歌ってみた【ショートPV】
http://www.nicovideo.jp/watch/1416905766[リンク]

――収録で苦労した点はありますか?

DJシーザー (wktkの枠DJの方を見て)この二人がね(笑) 「from wktkの枠」ということなのでワイワイガヤガヤ感を出したくて、初めのほうは挫けて立ち直って、また挫けて立ち直って、の繰り返しでした。

――曲の始まりからちょっとふざけた感じの楽曲ですよね。

DJシーザー 『ビバハピ』って初音ミクのマイクチェックから始まるじゃないですか。あれを使って『wktkの枠』感を出したくてしゃべりが入れられる曲を選んだのですが、いい感じに面白い曲になったと思います。ただ、出来上がった瞬間に次にかかる曲がかわいそうだなと思ったので、最後の曲にしました(笑)かっこいいロックカバーアルバムなのにグダグダで終わるというのをやりたかったのもありますね。

1 2次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき