ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ホライモリの長寿が証明された

サイエンスあれこれ

今回は神無久さんのブログ『サイエンスあれこれ』からご寄稿いただきました。

ホライモリの長寿が証明された
ホライモリ *1 は、現在ヨーロッパの限られた地域の洞くつにしか生息が確認されていない希少なイモリの一種で、国際自然保護連合(IUCN)策定のレッドリストでは絶滅危惧(きぐ)II種に分類され、EU生息地指令によって厳重に保護されているそうです。

*1 :ホライモリ『フリー百科事典ウィキペディア』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/ホライモリ

そのためか、これまでその寿命が80年とも100年とも言われてきましたが、だれも確かめた人はいませんでした。しかし、今回、『Biology Letters』の7月21日付けオンライン速報版に掲載された論文 *2 によって初めて明らかになったところによると、最大寿命で100歳以上、平均寿命は68.5歳にもなるそうです。

*2 :「Extreme lifespan of the human fish (Proteus anguinus): a challenge for ageing mechanisms」 7月21日 『Biology Letters』
http://rsbl.royalsocietypublishing.org/content/early/2010/07/20/rsbl.2010.0539.abstract

通常脊椎(せきつい)動物では、天敵の有無、体の大きさ、基礎代謝率、抗酸化能などが寿命と関連していると考えられてきましたが、ホライモリの場合、その体重(15−20g)から想定される寿命の3倍も長生きなのだそうです。平均15.6歳で性成熟し、およそ12年半ごとに平均35個の卵を産むというホライモリは、不思議なことに基礎代謝率も抗酸化能も特に際立ったところはなく、どうしてそれほど長生きなのかの理由は不明だそうです。そこには、もしかしたらこれまで知られていなかった、新しい長寿のしくみが隠されているのかもしれないと期待されています。

執筆: この記事は神無久さんのブログ『サイエンスあれこれ』からご寄稿いただきました。

文責: ガジェット通信

■最近の注目記事
食べすぎは太るだけじゃなかった
日本経済の抱えている問題なんて全然大したことない
巨大ナナフシからチョウの幻想的な乱舞まで! 雨季のベトナムの森に泊まる
職場は楽しくあらねばならない 驚きの米国職場体験
企業にとって必要不可欠な人材と惜しいけど残念なエリート就活生の違い

寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき