ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

CURATOR’S CUBEにて2つのイベントが開催。『TOKYO SHOW 2014』&『Ruth Kneass and Llanne Alexis Exhibition curated by st/co』

st-co_omote_ol Ruth_omote_ol

「キュレーション」をテーマにし、昨年から様々な展示を行ってきた展示空間「CURATOR’S CUBE」。オープンから1周年を迎えた今年11月、2つのイベントがスタートされる。

1つ目は、デザイナーMatt Dick率いるカリフォルニア発のブランド「small trade company」による『TOKYO SHOW 2014』。自らの物作りを「メディテーション(瞑想)のようなもの」と称するこのブランド。技能や伝統を重んじ、シルエットの機能性にも長けたというアイテムの数々をじっくりチェックしたい。

2つ目は、Ruth Kneass(ルース・ニース)とキューバ出身の作家Llane Alexis(ヤネ・アレクシス)によるエキシビション『Ruth Kneass and Llane Alexis Exhibition curated by st/co』。Ruth は北カリフォルニアで暮らし、そこの大自然からヒントを得た作品を発表する女性作家。Llaneは廃材を使用し、素材の起源やデザインの手法に主眼を置いた自由かつ予想外な作品の製作を行っている。こちらのイベントは前出の「small trade company」がキュレーションを行う。

開催はどちらも11月6日から12月25日まで。

「st/co tokyo show 2014」
「Ruth Kneass and Llanne Alexis Exhibition curated by st/co」
会期|開催中- 12月25日(木)
会場|CURATOR’S CUBE
営業時間|12:00~19:00

東京都港区愛宕1-1-9

Tel. 03-6721-5255
http://curatorscube.com

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき