ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

福岡市の「禁酒令」は人権侵害か?

勤務時間外の自宅外での飲酒は、自由権という基本的人権

福岡市の「禁酒令」は人権侵害か?

福岡市の高島宗一郎市長が、全職員に公私を問わず自宅外飲酒を禁止する通知を発したこと、いわゆる「禁酒令」によって人権を侵害されたとして、市職員の男性が市に対し、慰謝料として「1円」の損害賠償を求め福岡地裁に提訴しました。

勤務時間外のことですから、私生活のあり方の問題です。私生活のあり方は、個人の自立や自己決定に関わる自由権であり、基本的人権の中心的位置を占めるものとして、国家の不干渉が原則的に保証されています。日本国憲法13条において、個人の自由は国政上最大限の尊重を要するものと規定されています。勤務時間外に自宅外で飲酒することは、自由権という基本的人権にあたります。

市職員に対する強制力を持っていたものと解することも可能

では、公権力である福岡市が発した禁酒令が、市職員の私生活を不当に干渉したといえるのでしょうか。まず、この通知が、強制力を持っていたものかどうかを検討します。福岡市は「単なる通知であって禁酒令違反があっても直ちに処分の対象とはならない」としながらも、市職員らに配布した「『自宅外での飲酒について』に関するQ&A」や、その後の福岡市長の口頭説明などでは、禁酒令に違反した場合には「不利益な制約」が加えられることとされています。このことから、禁酒令は、市職員に対する強制力を持っていたものと解することも可能です。

次に、強制力を持ったものとして、私生活への不当な干渉となるかを判断することになります。前述のように、基本的人権の中核である自由権に対する制約ですから、厳格な基準によるべきであり(1)目的の正当性(2)目的と手段の整合性及び目的達成のために必要最小限のものかという基準で判断されることになります。

(1)目的は、市職員らの飲酒による不祥事を未然に防止し市民の信頼回復を図ることとされていますから、正当なものといえるでしょう。しかし、飲酒運転の防止は、市職員全員の意識改革(研修等)などによって行うべきであり、(2)手段としての禁酒令は、整合性を欠き、目的達成のために必要最小限のものということはできないと考えられます。

公権力による私生活への不当な干渉として人権侵害に

以上のことから、公権力による私生活への不当な干渉として人権侵害にあたると解されます。福岡県弁護士会も本年3月に、福岡市に対し重大な人権侵害があるとして、二度とこのような通知はしないようにとの勧告をしています。

原告の市職員男性は、司法の場で、「福岡市の不法行為を正したい」という目的で訴訟提起をしたそうです。不法行為に基づく損害賠償請求という形のため、賠償額を設定する必要がありますが、禁酒令による精神的被害は金銭に換算できないということで賠償額を1円に設定したということです。

JIJICOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。