ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HIPHOPの王様・KREVA主催「908 FES」参戦記! KICKにライムス、久保田利伸が夢の競演

HIPHOPの王様・KREVA主催「908 FES」参戦記! KICKにライムス、久保田利伸が夢の競演

「908 FESTIVAL 2014」KREVA~完全1人武道館~
2014年9月7日(日)と9月8日(月)。東京・千代田区に位置するライブの聖地・日本武道館でソロ活動10周年を迎えたラッパーのKREVAさんが主催する音楽イベント「908 FESTIVAL 2014」が開催されました。

2012年から、毎年クレバの日である9月8日に開催していた「908 FESTIVAL」も今回で3度目。今年は、舞台をさいたまスーパーアリーナから日本武道館へと移し、2DAYSでの開催となりました。

初日となる9月7日(日)は「KREVA~完全1人武道館~」と題し、ラップはもちろんのこと、DJやビート、マニュピレーターなど、KREVAさんがたった1人であらゆる機材を使いこなしてライブ。7年前の2007年にも行われた「完全1人武道館」を超える、圧巻過ぎる時間を繰り広げました。

そして2日目となる9月8日(月)。

この日は初日とは打って変わり、鈴木雅之さんや久保田利伸さんといった大物ミュージシャンに、KREVAさんの盟友・三浦大知さん、武道館のステージは初となるAKLOさん、今年11年ぶりに「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」への出演が発表され大反響を呼んだKICK THE CAN CREW、言わずもがなヒップホップシーンのキングオブステージ・RHYMESTERが出演。

時にKREVAさん自身がMCや小芝居でアーティストとアーティストをつなぐ。一般的な音楽フェスとはまた違う、最初から最後まで1つの連続したエンターテインメントショーのように構成された圧巻の2日目。

今回はそんな2日間で起きた、KREVAさんが贈る「908 FESTIVAL 2014」の模様をお伝えしていきます!

コスレ俺、ビート俺、ラップ俺、全部俺!!!

普段のライブであれば、開演するまでステージに姿を現さないのが一般的ですが、この日はKREVAさんが1人でDJもするという特別な日であることからか、開演前からステージの端にあるDJブースにDJ 908の姿が。

Perfumeの「ポイント」やROMANCREWの「都会陸上」などが流れ、後半はSALUさんの「ムーンチャイルド」、Mai Hoshimuraさんの「Plastic Love」、土岐麻子さんの「シーズン・イン・ザ・サン」、槇原敬之さんの「遠く遠く」など、歌詞に「時間(時)がくれば」というフレーズのある楽曲を立て続けに流していきます。

DJを終えると、スクリーンに「希望の炎」や「音色」、「ひとりじゃないのよ」など、当時のPVとライブ映像を合わせながら、これまでの活動が次々と年代順に映し出されます。

そして黒いマントに身を包んだKREVAさんの「Lets go!」の合図と共に鳴り響いたのは「基準」。無数の白いレーザーが張り巡る中、オーディエンスは「オイッ! オイッ!」とビートに合わせながら声を出し、会場がドシンドシンと揺れます。

初日のKREVAさんは、「1人武道館」と謳っているように、2台のターンテーブルにDJミキサー、ドラムマシーンやコントローラー、シンセサイザーといった様々な楽器に囲まれていました。

ライミング、ビート、機材のおもしろさを伝える

908 FESTIVAL 2014

25分間にも及ぶノンストップメドレーでは、「成功」からはじまり、「俺は Do It Like This」、「OH YEAH」、「I REP」、「調理場」、ライブ初披露となった「世界の中心」、「かも」、「スタート」、そして再び「成功」のアウトロ部分へと戻ってくるという、ラップをしながらスクラッチをしながら曲と曲をきれいにつなげるという神業で、オーディエンスを魅了。

その間に流れている映像もまた圧巻で、たとえば「スタート」の時、当時のPVを彷彿とさせるような白黒になっていたりと、ソロデビュー10周年を忘れさせない演出が盛り込まれていました。

「You are the No.1(Hey DJ) feat.Bonnie PINK」を題材としたライミング講座では、後半で47都道府県すべてで韻を踏んでいる新曲「47都道府県ラップ」を披露し、韻を踏むことの楽しさを伝えていきます。

その後は、「BESHI」と「くればいいのに」や、「全速力」と「Space Dancer」を混ぜ合わせた、いわゆるマッシュアップ

セミアコースティックの部屋と題された、ステージ端に用意されたスペースでは、「世の中のビートはすごく細かいこだわりでつくられているというのを感じてもらえたら」と、ループマシンに自身の声やカホン、タンバリン、指パッチンなどをリアルタイムで録音し、その場でビートをつくりあげ、「瞬間Speechless」を披露。

また「OASYS」という、KREVAさんがリリースしたミニアルバムのタイトルにもなっているシンセサイザーを使ってつくられた「EGAO」では、「OASYS」を生演奏しながら“楽器が弾けなくてもここまでできる”と言わんばかりに、感動的なメロディを武道館に響かせます。

後半の「ライミング講座」、「瞬間Speechless」、「EGAO」では、ライミングやビート、機材のおもしろさや魅力を、ヒップホップに馴染みのない人にも伝わるように、1つ1つ丁寧に構成されているのが感じられました。

ラストパートは「そろそろ外出したくて、さっきから俺はソワソワしてる」と、「イッサイガッサイ」の歌詞の一部を替え、押すと音が鳴るパッドをベルトに着用し、楽器に囲まれていたブースから、ついにステージ前へ。

1 2 3次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy