ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「新福菜館」直伝の味は長野にもあった。長野県長野市の「豊龍」

DSC_0839

新福菜館といえば、真っ黒なスープで有名な京都ラーメンのお店。その味を継承したお店は全国各地に点在しているが、長野県長野市にもその名を知られる名店がある。そのお店の名前は、「豊龍」。

お店は長野駅にほど近い商店街にあり、店内も非常に綺麗である。

DSC_0827 DSC_0832

真っ黒なスープとはいうものの、塩っぱいわけではなく、スープを飲むと醤油を焦がしたような香ばしさとコクがじんわりと口全体に広がる、中毒性のある絶品のラーメンだ。

こちらのお店で人気のラーメンは、やはりチャーシュー麺。真っ黒なスープすら見えなくなるほどのチャーシューが嬉しい。

DSC_0836

醤油の香ばしさとコクを極限まで引き出したスープによって、チャーシューのウマミと甘みが絶妙に引き出されている。そしてそのスープと具のパンチのある味に負けない中太ストレート麺。これらの複雑な味のハーモニーを楽しみたい。

IMG_3900

さらにこのスープのコクをダイレクトに感じられるメニューがある、それがチャーハンだ。できれば玉のせという生卵を載せたスタイルを注文したい。

DSC_0841_2

醤油スープで味つけられたチャーハンと生卵の甘みが絶妙にマッチし、しっかりとした醤油の味わいと卵の甘みの間から、深いコクの奥ゆきを感じる。

IMG_3906

ここまで食べるとお腹いっぱいになりそうだが、もしお腹に余裕があれば注文したいメニューがある、それが煮卵とライスだ。煮卵とライスを組み合わせて、さらにチャーシュー麺のチャーシューをのせる。

そうすれば、自分好みの最高のチャーシュー丼の完成だ。しかもチャーシュー丼のタレは極上の醤油のスープときている。ウマくない訳が無いのだ。

Post: GOTRIP! http://gotrip.jp/

DSC_0842
生活・趣味
GOTRIP!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。