ニューヨークで銃乱射を計画していた30代の韓国人男性が緊急逮捕 一足遅ければ大惨事に

access_time create folder政治・経済・社会
詳細

ニューヨークのマンハッタン在住の韓国籍男性が銃乱射を計画していたとして、ニューヨーク市警により逮捕された。建築会社に勤務するインテリアデザイナーの韓国人男性は同僚の殺害リストまで作成しており、緊急逮捕された自宅からは自動小銃などが証拠品として押収された。

逮捕された韓国人男性は事件を大々的に扱われることを望んでいたという。

殺害リストには×印が付けられ、また名前の隣には殺害に使う銃の名称も記載されていた。

逮捕された5月29日の翌日30日には新聞マスコミに対して無罪を主張し、現在1万ドルの保釈金が策定された状態で、拘置所に拘禁中。逮捕が一歩遅れれば大惨事となっていたと思われる。

ソース(ハングル)

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

access_time create folder政治・経済・社会

ソル

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧