ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

でんぱ組.inc「まだまだ夢で終わらんよっ!」みんなの思いがつまった武道館公演——OTOTOYライヴ・レポート

でんぱ組.inc「まだまだ夢で終わらんよっ!」みんなの思いがつまった武道館公演——OTOTOYライヴ・レポート

でんぱ組.incが、5月6日にグループ初となる日本武道館でのワンマン・ライヴ〈ワールドワイドでんぱツアー2014 in 日本武道館 ~夢でおわらんよっ! ~〉を行った。あれからもうだいぶ時間が経ってしまったが、あの日の熱はまったく冷めない。2012年9月に恵比寿リキッドルームのステージ上で掲げた、武道館でライヴをするという目標。そこに向かって、「マイナスからのスタート 舐めんな!」(「W.W.D」)という反骨精神で駆け上がってきた。そして、これまで歌い続けてきた「夢でおわらんよ」(「Future Diver」)というメッセージが本物であることを、体現してみせた。

「W.W.D」で歌ったように、彼女たちはそれぞれ心に闇を抱えていて、決して最初から強かったわけではない。あの場に集った人のなかにも、大なり小なり同じような思いを抱えている人や、過去に抱えていた人も多くいたはずだ。でんぱ組.incが武道館のステージに立つことは、そんな我々にとっても大きな希望になった。アンコールで、最上もがは涙ながらに「みんなの声は届いている」と話し、古川未鈴は「私たちがやってきたことは間違ってなかった」と叫んだ。彼女たちは自分たちの夢を実現することで、いままで応援してきたすべての人たちの思いすらも肯定してくれた。

ライヴ当日、武道館のなかに入ると、DJがアニソンを中心とした曲を流している。スタンディングのアリーナ席には、すでに叫び声をあげるもの、狂ったように踊るもの、シンガロングするものが多数。ついにはサークル・モッシュまで発生し、いい感じに客席が温まった頃、場内は暗転した。ステージ後方に設置されたスクリーンにVTRが流れると、彼女たちの拠点であるDear☆Stageを模した武道館のステージの床が開き、でんぱ組.incの6人が勢いよくリフト・アップされて登場。待ちわびた観客は絶叫し、色とりどりのサイリウムが光る。まずは新曲「Dear☆Stageへようこそ♡」をミュージカルのように歌いあげると、そのまま1stアルバム『ねぇきいて? 宇宙を救うのは、きっとお寿司… ではなく、でんぱ組.inc!』のメドレーへ突入。懐かしい曲の連発に、客席はテンション全開。そして大歓声のなかではじまったのは「W.W.D」だ。各メンバーのパートに合わせるように照明がめまぐるしく変化し、スクリーンには歌詞が映し出される。「どこまでも行ける 捨てるものなんかない」。その思いで、彼女たちはこの武道館まで来てしまったのだ。曲中、新たに追加された間奏が流れるなか、6人はふいに姿を消す。スクリーンには、メンバーの過去の写真がスライドされる。そして次の瞬間、衣装を着替えたメンバーがステージ前方から飛びあがる。そのまま、残りのパートを力強く歌いきった。

ようやく曲が途切れると、メンバーは絶叫気味に自己紹介。夢眠ねむの「ここにいる6名と武道館にいる全員で、でんぱ組.incです」という言葉が、会場の一体感を高めた。再び曲に戻る。勢いのある曲が続くなかで、ひときわかわいらしさが光る「ファンシーほっぺ♡ウ・フ・フ」では、メンバーがふた手に別れてステージの両サイドへ駆け出し、客席との距離を縮めた。勢いのある「ノットボッチ…夏」を歌い終えると、スクリーンにステージ裏の映像が映し出される。古川がひたすらゲームのレベル上げに興じるなど、それぞれの個性が炸裂している。その映像に続いて、台車に乗せられた成瀬瑛美がステージに登場、ソロ・コーナーがはじまった。夢眠は早口に、最上はしっとりと、相沢梨紗は力強く、それぞれの曲を歌いあげる。藤咲彩音はパンダのかぶり物をしたダンサーとともにパフォーマンス。古川は歌詞の一部を「武道館にきてくれて「ありがとう」って伝えたい!!」と、この日だけの特別仕様に変えて歌い、最後は肩にかけたギターを搔き鳴らした。

再び6人がそろい、ステージ上の階段に一列に並ぶ。スクリーンいっぱいに「IDOL」の文字が映し出されると、BiSのカヴァー曲「IDOL」へ。武道館での解散ライヴが叶わなかったBiSの思いを昇華させるかのように、ステージを縦横無尽に動き回り、客席を煽りながら熱唱。続く「W.W.D Ⅱ」をエモーショナルに歌いきると、メンバーがオーディエンスに語りかける。古川は「はじめてみなさんの前で歌ったときは、みんな泣いちゃってまともに歌えなかったんですけど、今日はしっかりと歌うことができました。みなさんのおかげです」。相沢は「みなさん、でんぱ組.incを見つけてくれてありがとうございます」と、それぞれの言葉で感謝を伝えた。そして最上が「そろそろラスト・スパートなんです」と告げると、会場は「えー!!」という悲鳴に包まれ、ライヴは終盤へと突入する。

「くちづけキボンヌ」で思いきり観客をキュンキュンさせたあとは、まさしくキラー・チューンの「キラキラチューン」がはじまる。客席は解き放たれたようにステージに向かって声援を送り、「でんぱ組.inc ずっと いっしょだよ」とコールした瞬間、場内はひとつになった。続く「強い気持ち・強い愛」で武道館をダンス・フロアに変えたあとは、いよいよ本編ラスト。相沢の「夢は夢で終わらないんだよと教えてくれた、すっごく大切な曲です」という紹介から「Future Diver」へ。イントロでは、メンバー・カラーの銀テープが立て続けに発射。そのままステージと客席の熱量が激しくぶつかり合い、ライヴは絶頂を迎えた。

でんぱ組.incを求める声が場内に響き渡る。みんな絶叫している。ここでも心はひとつだ。こんなに綺麗なサイリウムは観たことがない。しばらくすると、6人がリボンを持ってステージに戻り、「でんでんぱっしょん」からアンコールがはじまる。続く「ちゅるりちゅるりら」では、ステージ上に炎がぶちあがる。その炎の熱さにも負けじと、全力で踊る6人。本編ではほぼノンストップのステージ、きっと疲れもあるはずだ。しかし、彼女たちの勢いはまったく衰えていない。

ここで古川が、2015年に初のホールでの全国ワンマン・ツアーを行うことを発表。さらに成瀬が、ファイナルをアリーナ・クラスの会場で開催することを告げる(場所はまだ秘密とのこと)と、場内はどよめきと祝福の拍手に包まれた。そして古川が「感謝の気持ちを込めてこの歌を歌いたいと思います」と紹介すると、「ORANGE RIUM」の美しいピアノのイントロが流れる。それに合わせて相沢がソロ・パートを歌いあげると、客席はオレンジ色に染まる。この曲の最後、「もっと 強くなるの この場所 いつも忘れないよ」という一節は、これからのさらなる飛躍への決意表明と、これまでの感謝の気持ちがつまっているように聴こえた。

再び6人がステージから去ると、スクリーンには彼女たちの写真が順に映し出される。「みりん、りさ、ねむ、えい、もが、ピンキー、アンコール!!」と、観客はそれに合わせてメンバーの名前を叫ぶ。さらにその声に合わせるように、ステージ・セットの電飾がメンバー・カラーに変化するという憎い演出も。もはや、ここには愛しかない。何度、彼女たちの名前を叫んだだろうか。しばらくすると場内は明るくなり、でんぱ組.incのメンバーが笑顔で手を振りながらステージに戻ってくる。そのまま、観客を背にみんなで記念撮影。「イツカ、ハルカカナタ」を心を込めて歌うと、メンバーがステージ前方に並び、客席に視線を向けた。

1 2 3次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy