ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「アラン・ケイ」(メカAG)

「アラン・ケイ」(メカAG)

今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

「アラン・ケイ」(メカAG)

「「未来予測」の大勘違い」 2014年05月11日 『Arts & Scienc』
http://artsandscience-kipling.blogspot.jp/2014/05/blog-post_11.html

堀江貴文が上記の記事を紹介していた。

「未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ」

美しい言葉だ。俺もかつてこの言葉を読んだ時、感動に打ち震えたものだ。読んだのはたしかこの本だっただろうか。

「アラン・ケイ(Ascii books)[単行本]」 アラン・C. ケイ(著), Alan Curtis Kay(原著), 鶴岡 雄二(翻訳), 『Amazon』
http://www.amazon.co.jp/dp/4756101070

1992年にアスキーから出版された本。この本自体は日本語だけど、この本というのは原著がないんだよね。もちろんこの本に引用されているのは全部英語の文献だけど、それをこういう形式でまとめた本がなかった。

なので英語の文献をかき集めて、日本語に訳してこの本を作ったらしい。んでその後海外の出版社から「英語に逆翻訳したい」というオファーがあった時「それみたことか!」と得意満面になったという。

   *   *   *

さて、せっかくいい気分に水をさしておく。この本が出たのは20年前。つまりいまのオッサン世代のエンジニアは少なからずこの本を読んでる。この本を読んで、俺のように心を踊らせ、人類の未来に希望と意欲に燃えた人間が、いまのオッサンなんだよ(笑)。わかってる?

あれから20年、人は変わらない。ブログで耳に心地よい啓蒙活動をしてれば、社会はいい方向に向かっていくと信じている人たちよ、すでに啓蒙されてできたのがおまえらが生きている「いまの社会」なわけ。どーだ、ぐうの音もでまい。ざまぁみろ、泣け!泣いて絶望しろ(笑)!

執筆: この記事はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2014年05月14日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。