ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

任天堂が6月のE3で新型ゲーム機を発表とのウワサ 「New Nintendo System」とは?

特許画像

任天堂が今年6月に開催される『E3』で新型ゲーム機を発表するというウワサが流れている。そのウワサの元は『E3』任天堂特設サイトのソースに「New Nintendo System」という記載があったことが原因。その記載がユーザーに発見され、「新たなゲームハードか?」と騒がれ始めた。しかし数時間後にその表記は削除されてしまったのだ。

『ニンテンドー3DS』が発売したのが2011年。まだ4年も経っていないのに新機種を出すことがあるのだろうか? 完全に否定することはできない。過去に『ゲームボーイアドバンス』が発売されたのが2001年3月21日、そして3年8か月後の2004年11月21日に『ニンテンドーDS』を発売した。

三本柱作戦

任天堂はこのとき、メインの据え置き機と『ゲームボーイアドバンス』、そして新たな『ニンテンドーDS』の三本柱作戦に挑んだ。三本柱作戦により『ニンテンドーDS』がコケても『ゲームボーイアドバンス』で再起できるというわけである。今回も『ニンテンドー3DS』と新たな新機種、そして『Wii U』での三本柱作戦で挑む可能性は濃厚。

任天堂が特許を出願

そして「New Nintendo System」は『ニンテンドー3DS』をかなりパワーアップさせ、ボタンの付け替えが可能な携帯ゲーム機だというウワサまで浮上している。上記の画像は任天堂が出願した画像。各ボタンを好きな物に入れ替えることが可能。これによりゲームによってボタンを替えながら遊べるというのである。

なんにせよ『E3』の任天堂の発表と「New Nintendo System」の記述が気になるところである。

※画像は特許申請書類とみられる資料より引用
http://www.freepatentsonline.com/20140121023.pdf

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。