ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「絵心がない」は言い訳! 誰でも絵がうまくなる方法があった!!

「絵心がない」は言い訳! 誰でも絵がうまくなる方法があった!!
 旅先の美しい風景を上手にスケッチしたり、短時間でササッと友達の似顔絵が描けたり、絵心がある人って憧れますよね。
 「自分は絵心がないから……」そう思っているとしたら、もったいないことです。なぜなら、絵を描くのに「絵心」、つまり才能は必要ないからです。

 『読むだけで絵がうまくなる本』(山田雅夫/著、自由国民社/刊)の著者は、一級建築士。本業の傍ら、そのスケッチ技法書が海外でも翻訳され、総発行部数は100万部を超える人気となっています。同書では、そんな速描スケッチの第一人者が本邦初公開する、頭脳派テクニックの数々を紹介しています。

■まずは思い込みを捨てよう
 白い紙にいきなりペンで描くのは怖いもの。学校の美術の授業では、「まず鉛筆で下描きをすること」と習ったかもしれません。しかし、なぞることで線の勢いは失われ、絵の魅力は半減します。この問題を解決するのが、消せるボールペンです。ボールペンの先端についているゴムで線をこすると消える商品で、愛用している人も多いでしょう。これなら下描きはいらない上に、気に入らなければいつでも消すことができます。まずは「スケッチは鉛筆でするもの」なんて思い込みを捨て、身軽になることから始めましょう。

■建築士直伝、理論派スケッチ
 では、本当に誰でも絵が上手になるコツなんてあるのでしょうか?具体的なテクニックを見てみましょう。

☆黄金比率で構図をきめる
 絵を描いてみたものの、「なんとなくバランスが悪い」というのは、多くの方が抱える悩みではないでしょうか。しかし、人が無意識に美しく感じるバランスが実在します。それが下の「黄金比率」です。黄金比率は2乗、3乗することで、さらにバリエーションが広がります。

 黄金比率    = 1:1.6
 黄金比率の2乗 = 1:2.6
 黄金比率の3乗 = 1:4.2

 例えば、空と地面を分ける地平線、中心に据えたい建物などを、黄金比率に当てはめて配置すれば、美感に訴える絵になるのです。

☆風景画には人物を入れる
 気に入った風景を描いてみたものの、なんだかきまらない……そんな経験はありませんか?これを解決するのが、ごく小さく人を描き入れることです。人物がいることで、見る人はそこに描かれた山や海、建物や橋がどれくらいの大きさなのか、想像をふくらませやすくなります。これは、見る人を描き手の土俵に載せるテクニックと言えるでしょう。

 一見難しそうに思える絵も、ちょっとしたコツを押さえることでさまになります。同書には他にも、簡単な樹木の描き方、マンガっぽくならない雲の描き方、物と影の美しいバランスの取り方など、さまざまなテクニックが載っています。

■絵を描く前にも起こる、魔法の体験
 さらに、この本にはもうひとつ魅力があります。線を引き、対象を絞り、構図を考え……頭の中では自然と様々なイメージがふくらんでいきます。すると、ふと見上げた帰り道の街路樹や、部屋に置かれた家具など、見慣れたはずの物が急に新鮮な「形」を持って、目に飛び込んできます。私たちが暮らしているありふれた世界が、実は美しい「形」や「色」であふれていることに気づくでしょう。これは、そんな素敵な発見を与えてくれる本でもあるのです。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
図解が苦手な人の7つの誤解
池上彰はどうしてニュースの解説が上手いのか
知っているだけでサマになる! 即効で絵がうまくなる方法

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。