ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パソコン遠隔操作事件で検察の特別抗告に弁護士から異論相次ぐ ネットでは「中世ジャップランド」の声

niconico

3月4日、パソコン遠隔操作事件で威力業務妨害罪などに問われた片山祐輔被告が保釈され『ニコニコ動画』で会見の模様が放送される予定だったのだが、一転

【中止】 PC遠隔操作事件 片山祐輔氏 保釈後の記者会見 録画放送

《PC遠隔操作事件》 検察からの特別抗告と執行停止の申し立てが東京高裁で認められ、片山祐輔氏の保釈がなくなりました。会見収録放送は中止といたします。

との発表が行われた。

この検察の「特別抗告」に対して『Twitter』上で弁護士の方々から異論が相次いでいる。

元検事の落合洋司弁護士 (@yjochi) は

「遠隔操作事件で、検察庁は特別抗告したのか。身柄で検察官が特別抗告というのは極めて異例だろう。聞いたことがない。」
「遠隔操作の被告人は、保釈になって特別抗告までされて、今までにない超大物被告人、ということではある。が、特別抗告はやり過ぎだし、悪い前例にもなると思う。」
「特別抗告というのは、本来、憲法違反、判例違反といった理由がないとできないことで、そういう理由があるはずもない本件では、職権発動による原決定取消、 保釈却下を狙っていることになるが(そういう権限は最高裁にある)、検察官が、そこまで身柄にこだわるのはやり過ぎ、行き過ぎ。」
「昨年2月に逮捕、勾留して、起訴までに2か月近く、その後も現在まで勾留が続き(それも接見禁止付き)、検察官請求証拠が全部取り調べられて、保釈になったからと、まだなお特別抗告までする、身柄の必要性って何、ということだろう。身柄さえあれば有罪になると勘違いしているのでは。」

とツイート。

ブログでもこの件に関して言及している。
[刑事事件]PC遠隔操作:片山被告の保釈許可 東京高裁
http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20140304[リンク]

谷山智光弁護士(@taniyama)も

「今回の件で、検察官が特別抗告まで申し立てたのは異常だと思う。」

とツイート。また、吉峯耕平弁護士 (@kyoshimine)は

「は? 特別抗告? うそだろ?」
「検察庁は、この裁判が、どれだけ「一般人」の注目をあつめているのか、分かっていないのだろうか? こんなところで特別抗告しても、保釈が取消になる可能性は低い。こんなことをしたら、検察庁への信頼が失墜しかねない。」
「まさか最高裁は、保釈を取り消したりしないと思う。いくらなんでも、ねぇ……。」

とツイートしている。その他にも、弁護士の方々がこの件に関して異論のツイートを行ってるようだ。

ネット上では、昨年国連で「(日本の刑事司法は)『中世』」とコメントされたという事例とこの件を絡めて揶揄し

「中世ジャップランド」

なる言葉が躍っているようである。

※画像は『niconico』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy