ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

光学26倍ズームとフルHD動画撮影の高機能デジカメ『COOLPIX P100』

coolpixp100_1

ニコンは、光学26倍ズームと『裏面照射型CMOSセンサ』により、本格的な撮影が高画質で楽しめるデジタルカメラ『COOLPIX P100』を3月5日に発売します。ニコンのデジカメでは初めて、フルHDの動画撮影機能を搭載しました。

広角26mmから超望遠678mm相当までの光学26倍『NIKKORレンズ』を搭載。幅広い撮影領域をカバーします。レンズ前1cmまで被写体に迫れるマクロ撮影も可能。最大4倍の電子ズームと併用すると、約2712mm相当の撮影画角まで対応します。

『裏面照射型CMOSセンサ』が光を効率的に取り入れ、夜景や室内など光量が少ない場所でも高感度、低ノイズの撮影が可能。連写した画像を合成するシーンモードにより、逆光や夜景でもきれいに撮影できます。高速性能に優れるため、最大画像差要る10メガピクセル(3648×2736)で最高約10コマ/秒、「スポーツ連写」モードで最高約120コマ/秒の高速連続撮影が可能です。

手ブレ補正機能は、イメージセンサシフト式に加え、電子式手ブレ補正機能を搭載。カメラが被写体の動きを検知してブレを低減するモーション検知により、手ブレしやすい望遠でもきれいに撮影できます。握りやすいグリップは、さらに手ブレを低減。

動画撮影では、1920×1080ピクセルのステレオ音声付きフルHD動画撮影が可能。用途に合わせて、ドラマティックなスローモーション再生やコミカルな2倍の早送り再生をする『HS動画撮影機能』を搭載しました。撮影した動画は、ミニHDMI端子でハイビジョンテレビに接続して楽しむことができます。

coolpixp100_2

約46万ピクセル、3型チルト式液晶モニタは、従来モデル『P90』より可動角度を拡大して、さらに操作性を高めました。ハイアングル時は最大82°、ローアングル時は最大約90°まで動き、様々な撮影アングルに対応します。

■関連記事
【レビュー】いよいよ発売!『LEICA X1』 実写インプレッション
ニコン、FXフォーマットデジタル一眼レフカメラの新フラッグシップ『ニコンD3S』発売
夜景に強い!光学10倍ズームで世界最薄のコンパクトデジタルカメラ『COOLPIX S8000』

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。