ニコン、FXフォーマットデジタル一眼レフカメラの新フラッグシップ『ニコンD3S』発売

access_time create folderガジェ通 デジタル・IT

0233712_01

ニコンイメージングジャパンは、ニコン FXフォーマットデジタル一眼レフカメラの新しいフラッグシップモデルとなる『ニコンD3S(以下、D3S)』』を11月27日に発売します。『D3S』は、2007年11月に発売され、多くのプロユーザーから高い評価を受けた『D3』が誇る高度な基本性能を踏襲しつつ、厳しい目を持つユーザーたちから寄せられた数々の要望を反映。新たに動画機能も搭載しています。

『D3S』は、新開発のニコン FXフォーマットのCMOSセンサー(撮像サイズ36.0×23.9mm)を搭載。有効画素数は12.1メガピクセル、ISO感度は200~1万2800(『D3』の常用感度上限はISO6400)まで常用感度域を拡大しました。また、低光量下でもノイズの影響を最低限に抑え、高感度低ノイズ撮影が可能になっています。

新たに、動画機能『Dムービー』も搭載。Hi3(ISO1万2400相当)まで対応する高感度動画撮影モード、静止画切り出し機能などの動画編集機能も装備しました。外部ステレオマイクにも対応し、クリアで臨場感あふれるステレオ録音も可能です。さらに、『ライブビューボタン』や撮影情報をすぐに確認できる『インフォボタン』を追加して、操作性も向上しています。

『D3S』の高速性、高感度、高画質、そして優れた耐久性は、さまざまな被写体や撮影環境にも対応できることから、報道写真、スポーツ写真、ネイチャーフォトなどを扱うプロユーザーや、ハイエンドのアマチュアユーザーの高い要望に応えるモデルとして期待されています。価格はオープンプライスです。
 
 

■関連記事
ニコンのデジタル一眼レフカメラ、エントリーモデル『D3000』と最上位機種『D300S』を8月28日発売へ
新世代“マイクロ一眼”世界最小・最軽量『オリンパス・ペン E-P1』
タムロン、ソニーとペンタックスに対応するデジタル一眼レフカメラ専用の超広角ズームレンズ発売へ

access_time create folderガジェ通 デジタル・IT

Kyoko Sugimoto

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧