ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • チャニング・テイタム主演の映画『Gambit(原題)』、映画『X-Men』シリーズのプロデューサーが延期について説明
  • 【映画クロスレビュー】『ワンダーウーマン』ダークになりがちなDC映画に光をもたらした強く美しい女性ヒーロー!
  • 博士は思いついてしまった――『ムカデ人間』のすすめ
  • 『パージ:大統領令』独占本編映像 “殺人し放題”の夜、通行人はすべて自分たちを狙っている……[ホラー通信]
  • 独占:『インクレディブル・ファミリー』家事と子育てに悪戦苦闘! ボブ(Mr.インクレディブル)特典映像
  • 映画『クリード2』の邦題が決定 ロッキー&アドニスが「炎の宿敵」ドラゴの息子と激突
  • FROGMANさんと“Flashアニメ放談” shockwave・CATMAN・弥栄堂・flash★bomb・おもしろフラッシュ倉庫……歴史を振り返り!
  • ステイサム本領発揮! モンスターペアレンツを瞬時に撃退 『バトルフロント』
  • ヴィン・ディーゼル、テレビシリーズ『特捜刑事マイアミ・バイス』のリブート版を米NBCと進行中
  • 見覚えある“あの腕時計”も登場! 気になる要素テンコ盛りの新『デスノート』特報第2弾が解禁
  • デフォルメなのにリアル! 『デフォリアル ゴジラ(2016)第4形態 覚醒Ver.』が“カワ&カッコいい”!
  • 映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の世界崩壊は、どのような特殊効果で作られたか
  • 新人イケメン俳優・松大航也が憧れの“アントマン ”にインタビュー「愛する誰かのために生きてるということが大事」
  • 肉(29)の日スペシャルレシピ! スパイスたっぷり本格タンドリーチキンを女子会で♪
  • 【動画】映画『ミュータント・タートルズ』続編、新トレーラーではタートルズが人間になることを思案
  • 『死霊館』シリーズ史上もっとも恐ろしい『死霊館のシスター』日本公開 特報映像で鳥肌ゾワッ……[ホラー通信]

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

ドラえもんが青くなった理由が昔と違うという驚愕の事実 ショックで青くなったんじゃないの?

藤子・F・不二雄の人気コミック、アニメ『ドラえもん』。日本だけでなく世界中で愛されているキャラクターである。猫型ロボットと言いながらなぜか耳がなく青くずん胴なボディ。いつものび太君を助ける核を搭載したロボットである。

そんな『ドラえもん』は元々黄色で耳も付いていたのだが、とあることがきっかけで耳がなくなってしまったのだ。それは昼寝中にネズミに耳が囓(かじ)られてしまい、手術して包帯を取ったところ耳が全くなくなってしまったのだ。鏡でそんな自分を見たドラえもんは青ざめて今の青色のドラえもんになったというのだ。

これが今我々が知っているドラえもんが青くなったストーリー。

しかし今の若い子達は別の話を聞かされているというのだ。そちらのエピソードではガールフレンドに耳がなくなった頭を笑われて大泣き。『元気の素』という秘密道具を使って元気を出そうと思ったのだが、間違えて『悲劇の素』を飲んでしまったのだ。それが切っ掛けで泣き続け振動で塗装がはがれ、青くなったのだという。

どちらも公式の設定だが、今と昔とでは設定が異なっているのである。もしかしたら他にもドラえもんの設定が変わっているところがあるかもしれないぞ。

ドラえもんが3DCGアニメ化でキャラ造形リアル過ぎ スネ夫の造形やしずかちゃんの風呂場は?

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき