ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

愚痴は発信して改善する! 不満を正しく発信する方法

愚痴は発信して改善する! 不満を正しく発信する方法
 仕事上で理不尽だと感じたり、ストレスが溜まったりしたことがない人はほとんどいないはずです。でも、「こんなのおかしい!」「納得いかない」と不平・不満を持っても、だいたいは飲み会で愚痴として吐き出して終わりということが多いのではないでしょうか。

 不平・不満とは、「もっとこうすべきなのに」という、会社への期待の裏返しによって生まれるものです。ところが、実際に「これは問題だから直すべき」と思って少し声を出してみると、「君がそこに口を出さなくていい」と上司に言われることも多く、結局は、「自分の言い分など聞き入れてもらえないんだ」と諦めてしまいがちです。
 本来であれば、伸び伸びと仕事して成果を出すのが理想ですが、誰もが、建前だらけの組織の窮屈さの中で毎日を送っているのが現実なのです。

 そのような現実から抜け出すにはどうすればいいのでしょうか。
 “ワーク・ライフバランス”の提唱者である小室淑恵さんは、そんな人たちが今持っている問題意識は、組織の改善に役立つ重要なものだとした上で、大事なのはその問題意識を正しく発信する“プレゼンスキル”を持つことだと言います。

 特に若手時代は、ネガティブな感情が生まれてくると、「自分がまだ成長できてないせいだ」「自分の力が足りていないせいだ」と自責に走る傾向があります。しかし、そうしたネガティブな感情は、何かしら問題を察知しているから生まれてくるもの。それを客観的に捉え、ポジティブな形にしながら発信していくことで、改善の芽が生まれます。
 小室さん自身、それに気づいた後でやり方を変えました。まず「会社のブランドは素晴らしいのに」などの前置きをした上で、「こうだったら素晴らしいと思うんです」とポジティブな提案を主張するように。すると、小室さんの熱心さが相手に伝わり、若手ながら中堅社員だけが参加を許される会に出席することができたといいます。
 ポジティブに伝える――。これは相手の気分を害することなく、自分の提案を受け入れてもらうための一つのプレゼンスキルです。

 また、働いている中で、意外に自分の努力が伝わりにくいと思ったことはないでしょうか。確かに頑張っていても、必ず人から認められるとは限りませんよね。
 周囲から認められるには、自分の努力を正しく発信する力を身につけることが必要なのですが、ここで気をつけたいポイントが、「認められる≠目立つ」ということです。
 自分の努力を認めてほしいときは、「目立ちたい」という気持ちを抑え、毎月上司が期待する成果を挙げられるように心がけましょう。それこそが「信頼される人」の最大の特徴です。
 ただ、受け身になっているだけでは伝わらないというのも事実。
 そこで大事なのが、上司に報告する際に“価値のある情報”を伝えることです。成果が出た理由も「たまたまです」「運が良かったからです」と謙遜するのではなく、「こういうことが成功の要因です」「前回のこの部分を改善した結果、成果が上がりました」といった具合に、成功の要因を誰もが応用できる形にして発信しましょう。
 あなたが蓄積してきたノウハウが周囲から認められれば、努力も評価されるはずです。

 こうしたプレゼンスキルを上げる方法は、小室さんの新刊『小室淑恵の人生プレゼン術』(学研マーケティング/刊)に詳しく書かれています。チャンスを引き寄せて、人生を好転させるためには、プレゼンスキルは必要不可欠。また、2人の若手ビジネスパーソンが小室さんに相談しながら成長していくというストーリーも掲載されているので、分かりやすく小室さんのメソッドを学ぶことができるはずです。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
やってはいけない不幸を呼び寄せる習慣
上司に認めてもらい自分の意見を通すための3つの方法
不安から抜け出せない人の特徴

エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。