体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

120秒のCGアニメを90分で制作! 台湾発の次世代メディア「TomoNews」編集部に行ってきた

TomoNews

皆さんは「TomoNews」というニュースサイトを知っていますか? TomoNewsとは、約1分のアニメーションを通して事件や芸能ニュースを分かりやすく伝える次世代のメディアです。こちらのサイトは、台湾大手メディア「ネクスト・メディア・アニメーション」が立ち上げ、4月より日本に本格参入したもの。Youtubeチャンネルを始め、スマートフォンとタブレット向けの無料アプリもリリースしています。

この「アニメーションでニュースを伝える」というTomoNews最大の特徴。「一からアニメを作るのってものすごく手間がかかるのでは?」って思いますよね。しかし、TomoNewsでは、120秒のCGアニメーションを最速90分で制作するという、驚きのスピード運用を行っています。今回、筆者は台湾にあるTomoNews編集部に潜入。どの様にアニメやニュースが完成するのか写真と共にレポートをご紹介します。

まず最初に……「TomoNews」ってこんなサイト!

TomoNews

ズバリ、ニュースの常識を覆し、時間を要するCGアニメ技術を使ってニュース配信に挑んだ、とんでもないニュースサイト。「なぜわざわざCGアニメに!?」と疑問を抱く人は多いと思いますが、一度動画を見ればその理由が分かるはず。

例えば、卑劣な交通事故のニュースがあった時にCGアニメで立体的にその状況を再現する事で、その悪質さがより分かりやすくなったり、先日起こった「ジャニーズファンによるデマ騒動」であれば、よりこの出来事の“トンデモさ”や衝撃度が伝わってくる……というワケ。ニュースと事実の間に埋められないギャップを動画で補っているという事です。

これらの動画ニュースはすでにアメリカ、香港、台湾で配信されており、タイガーウッズなど有名人スキャンダルの挑発的な報道で注目を浴び、すでに数多くのメディアに取り上げられ、ロイターなどのメジャーなメディアとコンテンツの提携するなどの実績が。

新たにはじまった日本版の制作の為、台湾本社のスタジオにおよそ18人の日本ニュースチームを配置し、業界最大規模ともいわれる500名のアニメ人材と組むという実に大規模なプロジェクト。現在は1日に8本程度のニュース配信ですが、今後は15本に増やす予定だそうです。

ニュースからCGアニメ作成までの過程

Tomonews

「よし、このニュースをアニメにしよう」そこから完成までのフローは、上記の図のとおり。いくつかの過程を同時に行う事で、9最短90分でアニメが完成するというわけ。これらの工程にはそれぞれ約20分という制限時間があり、細かくデッドラインを引いておく事が、このスピード感が守られる理由の一つ。

実際にアニメ制作の流れを見せてもらった!

■コンテンツオフィス

TomoNews

ニュースをどの様にCGアニメにして、どの様にモーションキャプチャーを利用するか、企画会議の様なもの。1つの会議室いっぱいに人が入って、左右の壁についたモニターで別々のニュースの会議をしていました。

TomoNews

その場で絵コンテを見ながら話し合ったり、香港オフィスを電話で話しながら進める事も。

■モデル

TomoNews

CGアニメ作りがスタートすると、まずニュースに合わせた人物や背景を用意します。こちらでゼロから用意するのでは、到底「完成まで90分」に間に合いません。事前に作っておいた7万パーツにも及ぶ素材の中から選んで、加工、微調整をして使用します。例えば「太目の中年男性」というオーダーがあった時、見本の写真(右モニター)を見ながら、モデルを加工していきます(左モニター)。

TomoNews TomoNews

こちらにいかにたくさんのパーツをストックしておけるのかが、スピーディなアニメ作りのポイントの一つ。話題になりそうなタレントやキャラクターは事前に作成してあるという事で、剛力彩芽さんとピカチュウを見せてもらいました。そっくり。

■モーションキャプチャー

TomoNews

「モデル」という工程と同時に進行しているのがモーションキャプチャー。監督の指示に従って演技します。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。