ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

『オレ的ゲーム速報@刃』と『はちま起稿』のブログ戦争! 読者たちの反応は?

game5

人気ゲームブログ『オレ的ゲーム速報@刃』と『はちま起稿』の管理人が相手のブログに対して “ケンカごしの争い” をしている件で、それぞれの読者たちが多数の意見を書き込みしている。どちらのブログにも固定ファンがおり、『オレ的ゲーム速報@刃』のファン、『はちま起稿』のファン、そして両方のファンがいるようだ。

ことの発端は『オレ的ゲーム速報@刃』が『はちま起稿』に対し、「記事をパクっている」と発言したのがきっかけ。それに対し、『はちま起稿』は「自意識過剰。パクってないし見てもいない」と応戦。そして、それぞれのブログ読者からのコメントが殺到。普通のゲーム記事よりも “ケンカ記事” のほうが、コメント数が多くなるという異常事態に発展している。

<オレ的に書かれたコメント>
・いえーい!ジャレコ社長見てるー?
・はちまにジャレコの社長を紹介してやれよ。あいつ嫉妬してんだぜ
・いえーい!ジャレコ社長見てるー?
・パクりパクられとかどうでもいいじゃねぇか。少なくとも俺はどっちも楽しめてる
・こうしてアクセス数を稼ぐという手段。はちまとjinはグル
・ゲームブログならゲームブログらしく、ゲームで勝負しろよw
・jinだってこんな記事書いたらこうなるって分かってるだろ普通にw
・はちまのリンク切ったjinの小物っぷりがたまらんw
・両サイト共ネタが全く同じ日が結構あったし、なんか変だよね
・これ刃とはちまによる合同釣り企画だろ?w

<はちま起稿に書かれたコメント>
・どっちもゲハの転載なのに、何言ってんの・・?
・両方見てるけどはちまの方が面白いわ
・はちまってリア厨なの?キレ方がそれっぽいんだけどw
・パクってるやつに限って偉ぶったり自分は大人だみたいな書き方をする、まさにはちま
・jin側の人間はこっちくんな。そうすりゃどっちも平和だろ
・どっちもみてるから記事かぶってても二度楽しめていい
・無断転載の漫画のコマとかばっか使って嫌。だれか著作権侵害で訴えてくれ
・jinに相互リンク依頼出した奴が何言ってんだww
・はちまよく言ったwwwwwwwww
・あっちもパクリ多いしお互い様だな。てか仲いいだろお前ら

なかには「ずっと同じ人が作ったブログだと思ってた」という人もおり、どっちのブログも同一人物が書いていると思っている人もいた。いろいろな意見があるが、「喧嘩すんな、どっちも」や「どーでもいいからどっちも載せたいもん載せとけよ」という読者コメントがいちばん的確なアドバイスといえるかもしれない。

このことについて現役ゲーム雑誌編集者X氏にお話を伺ったところ、次のようなコメントをいただいた。「取り上げた情報がインターネット上で公開されている以上、情報ソースがオープンになっていることになります。その情報を公開した最初の人物や媒体を情報ソースとするべきで、同じ情報が同類サイトに掲載されていても文句を言うことはできません。ゲームに関していえば、週刊少年ジャンプに最初に掲載するのでそれまで絶対に情報を公開しないでくださいとメーカーに情報規制されることがあります。なのでファミ通はジャンプのあとに情報を掲載することが多いですよね。話がそれましたが、インターネット上にあるゲーム情報に規制はありませんから誰がどこに転載しても問題ありません。文章をコピペするのは問題ありますが……」。確かにその通りかもしれない。

写真: ガジェット通信 / インドのファミコンショップ
オレ的ゲーム速報@刃: http://jin115.com/
はちま起稿: http://blog.livedoor.jp/htmk73/

■最近の注目記事
ゲームブログ戦争勃発! 『オレ的』がブチギレで「はちま起稿殴りたい」
任天堂社員に宮本茂が大激怒「一体いくらかかってると思うんだ!」
ゴルァー! プレイステーション公式サイトにXbox360を破壊する写真
ジャレコ新作ゲームは当初『FF13』と同じ発売日だった! の真相判明
ジャレコ社長も大絶賛! フロム・ソフトウェアの『3Dドットゲームヒーローズ』

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき