ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レポート】第一回「弔い百年塾」で葬儀と弔いの原点を考える

【レポート】第一回「弔い百年塾」で葬儀と弔いの原点を考える

2013年6月12日、東京都の築地本願寺にて行われた「弔い百年塾」第一回に参加してきました。今回のテーマは「葬儀と弔いの原点を考える」ということで講演と対談、ワークショップが行われました。

参加者は35名。一般企業で働いている方、グリーフケアに関わる方、葬儀関係者、僧侶と幅広い参加者が集まりました。主催は一般社団法人リヴオン。「死に直面する誰もが、必要とするサポートにつながる社会の実現」を目指して、遺児や遺族、大切な人を亡くされる方のサポートをされています。

ご講師はリッツ・カールトン前日本支社長で、現在は「人とホスピタリティ研究所」代表としてホスピタリティについて考えておられる高野登さんと葬儀社クローバーグループの代表で葬儀の現場に日夜携わっておられる是枝嗣人さん。今回の世話人のリヴオン代表・尾角光美さんからご紹介をいただいた後、お二人からは「おもてなしの現場から」「葬儀をつくる現場から」というテーマでそれぞれご講演をいただきました。

@font-face {
font-family: “MS 明朝”;
}@font-face {
font-family: “MS ゴシック”;
}@font-face {
font-family: “Century”;
}@font-face {
font-family: “Century”;
}@font-face {
font-family: “@MS ゴシック”;
}@font-face {
font-family: “@MS 明朝”;
}@font-face {
font-family: “ヒラギノ角ゴ ProN W3”;
}@font-face {
font-family: “@ヒラギノ角ゴ ProN W3”;
}p.MsoNormal, li.MsoNormal, div.MsoNormal { margin: 0mm 0mm 0.0001pt; text-align: justify; font-size: 12pt; font-family: Century; }.MsoChpDefault { font-family: Century; }div.WordSection1 { page: WordSection1; }

@font-face {
font-family: “MS 明朝”;
}@font-face {
font-family: “Century”;
}@font-face {
font-family: “Cambria Math”;
}@font-face {
font-family: “@MS 明朝”;
}@font-face {
font-family: “ヒラギノ角ゴ ProN W3”;
}@font-face {
font-family: “@ヒラギノ角ゴ ProN W3”;
}@font-face {
font-family: “ヒラギノ角ゴ Pro W3”;
}@font-face {
font-family: “@ヒラギノ角ゴ Pro W3”;
}p.MsoNormal, li.MsoNormal, div.MsoNormal { margin: 0mm 0mm 0.0001pt; text-align: justify; font-size: 12pt; font-family: Century; }.MsoChpDefault { font-family: Century; }div.WordSection1 { page: WordSection1; }

@font-face {
font-family: “Arial”;
}@font-face {
font-family: “Times”;
}@font-face {
font-family: “MS 明朝”;
}@font-face {
font-family: “Century”;
}@font-face {
font-family: “Cambria Math”;
}@font-face {
font-family: “@MS 明朝”;
}@font-face {
font-family: “ヒラギノ角ゴ ProN W3”;
}@font-face {
font-family: “@ヒラギノ角ゴ ProN W3”;
}@font-face {
font-family: “Lucida Grande”;
}@font-face {
font-family: “ヒラギノ角ゴ Pro W3”;
}@font-face {
font-family: “@ヒラギノ角ゴ Pro W3”;
}p.MsoNormal, li.MsoNormal, div.MsoNormal { margin: 0mm 0mm 0.0001pt; text-align: justify; font-size: 12pt; font-family: Century; }.MsoChpDefault { font-family: Century; }div.WordSection1 { page: WordSection1; }

01takanosan3.jpg

 

高野登さんの講演より
高野さんが生まれ育った長野・戸隠では小さな子供も大人と同じように村の葬列に参加し、亡くなった人をともに送っていたそうです。そこには「弔いという一つの場を通じてそこにいた仲間が何を思い、何をお互いに感じあい、どういう気持ちで向こうに送っていくか、地域社会に根ざした『型』があった」と話されました。日本人が大切にしてきた型には、形式にはないスタイルや魅力、誇りがあるそうです。

 

いっぽう、現代の葬儀は「形式」にとらわれている、という趣旨のご指摘がありました。ある形式に則って葬儀を行うことは確かに必要だが、「面倒だから」と形式にとらわれると葬儀がご家族にとって意味のあるプロセスにならず、ひとつの点として終わってしまうということ。このことはおもてなしの現場にも通ずるところがあり、高野さんはリッツ・カールトンのホテルマン時代には「面倒くさい」ということの逆を行き、「大変さの中に価値がある」と、誰もやらないことを一生懸命行ってきたそうです。

逝き方を考えることは生き方につながる、と高野さん。人が死に際に思うことは、モノやお金ではなくいかに人の役に立ったかだと話し、毎日をどう生きるかがいかに大切か、生と死に向き合うことがいかに難しいかを話されます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。