『永谷園のお茶づけ』がファミリーマートの“おむすび”に!?『お茶づけ味おむすび』2品発売

access_time create folderガジェ通

ochaduke_onigiri

ファミリーマートは、永谷園の『永谷園のお茶づけ海苔』をおむすびに仕立てた『お茶づけ味鮭おむすび』『お茶づけ味梅おむすび』を10月27日(火)より、全国のファミリーマート7600店舗で数量限定で発売します。あの『永谷園のお茶づけ海苔』の風味を生かしたおむすびって、いったいどんなものなのでしょうか?

『永谷園のおむすび海苔』は、1952年の誕生以来、香ばしいあられの風味やお湯をかけるだけで食べられる手軽さで、小腹が空いたときの必須アイテムとして長く愛されているロングセラー商品。今回は、そのラインナップでも高い人気を誇る『鮭』と『梅』がおむすびになりました。

『お茶づけ味鮭おむすび』には風味のよい焼鮭のほぐし、『お茶づけ味梅おむすび』には食感の良いきざみ梅がごはんに混ぜ込まれています。いずれにも、『永谷園のお茶づけ海苔』の特徴である“抹茶塩”をかるく表面にまぶし、“あられ”を混ぜ込んでお茶づけの風味を表現しました。パッケージには、おなじみの歌舞伎の定式幕風の黄・赤・黒・緑の縞模様がデザインされています。

『お茶づけ味おむすび』だけに熱いお茶がよく合いそうですが、ついついおむすびにお茶をかけて「お茶づけ」にして食べたくなっちゃうかもしれませんね。販売価格は、それぞれ128円(税込み)です。
 
 

■関連記事
超巨大『Windows 7 ハンバーガー』をおいしくいただくただ一つのコツ
ペプシとあずきの雅な出会い!発売直前の『ペプシあずき』を飲んでみた!
ロッテリアのデカメンチバーガーは濃厚肉汁熱々祭り状態

access_time create folderガジェ通

Kyoko Sugimoto

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧