北國銀行、8月よりデジタル地域通貨サービスを珠洲市から開始

access_time create folderデジタル・IT

株式会社北國銀行は、珠洲市、興能信用金庫、Digital Platformer 株式会社と共同で、珠洲市のデジタル化およびキャッシュレス決済比率向上による生産性向上の実現に向け、ブロックチェーン技術を活用したステーブルコインの流通を、石川県珠洲市で開始します。

『珠洲トチツーカ』『珠洲トチポ』夏頃から開始

北國銀行は2023年夏頃に、個人の顧客が利用可能となるデジタル地域通貨サービス『珠洲トチツーカ』のアプリ提供や、加盟店での決済において利用可能な、珠洲市が発行するポイント『珠洲トチポ』を開始。

2023 年冬頃には、北國銀行が発行体の珠洲市内で利用可能なステーブルコイン『珠洲トチカ』の流通開始を計画しています。『珠洲トチカ』を利用した決済では、加盟店が負担する決済手数料を国際的にも最低水準に近い0.5%に設定する予定です。

県内全域での流通も計画

珠洲市での流通開始後は、石川県内各市町との連携をすすめ、ブロックチェーンのインターオペラビリティ(相互運用性)を活用し、県内全域で流通するデジタル地域通貨『石川トチカ』の実現を計画しています。

各市町と地域金融機関が協力

同プロジェクトでは、個人の顧客や事業者の取引金融機関を問わず利用可能な決済システムの構築を目指しており、珠洲市や奥能登地域では、興能信用金庫と北國銀行の両者が協働で普及・利用促進活動を実施。

他地域においても、各市町と地域金融機関が一体となりデジタル地域通貨の利用を促進することで、地域住民に利便性の高い決済手段を提供するとともに、行政サービスの向上や生産性向上を実現できるよう取り組んでいます。

安全性の高い決済システム

プロジェクトでの決済データの記録、管理に用いるブロックチェーン技術基盤は、Digital Platformer が開発するデジタル通貨・分散型 ID 発行プラットフォーム”SHIKI”を利用します。ブロックチェーンの暗号化技術により改ざん・コピーを防ぎ、安全でトレーサビリティの高い決済システムを実現します。

地域全体の生産性向上に貢献

今後もデジタル地域通貨の普及を通じて、各市町との連携により、地域住民に向けた利便性の高いサービス提供を予定しているということです。

また安価な決済手数料の実現により、更なるキャッシュレス決済の普及と行政サービスのデジタル化が促進され、地域全体の生産性向上につながることが期待されています。

PR TIMES:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000115382.html

(文・zio)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧