昨今の情勢を鑑みて「運営方法を変更したスシロー」に行ってみた結果

access_time create folderグルメ

回転寿司チェーン大手の『スシロー』。おいしい寿司が格安で食べられるとあって絶大な人気を誇るだけでなく、寿司以外のサイドメニューもウマイと評判だ。

今までとは違う運営方法で料理を提供

そんなスシローが突如として運営方法を変更。今までとは違う運営方法で料理を提供するという。以下は、スシローが発表したコメントの一部引用である。

<スシローのコメント>

「昨今の情勢を鑑み、以下の通り店舗運営方法について一時変更を行うことといたしました。これらの内容は、今私たちができる精一杯のことの一部ではありますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます」

タッチパネルオーダーの料理だけ専用レーンで届く

スシローによると、レーンに料理は流れず、タッチパネルでオーダーした料理だけが専用レーン(特定の客席にダイレクトに届くレーン)にて提供される仕組みになっている。醤油などの調味料を交換してほしい時は、店員さんに伝えると交換してくれるという。また、お客さんが誤って料理に触れないよう、順次アクリル板を設置していく方針だという。

都心部の『スシロー』は大盛況

運営方法を変更したスシローに仲間と行ってみた。午後6時ごろ、出向いた都心部の『スシロー』は大盛況。数日前から予約していたから入れたものの、当日予約や飛び入りで入るのはなかなか難しいかもしれない。それほど大盛況。

レーンに料理は流れておらず

予約していたのでスムーズにテーブル席に着席。さっそくレーンをチェックしてみると、レーンは動いている(回転している)ものの、料理はいっさい流れておらず、メニューの案内とワサビだけが流れていた。

ガリはテーブルに置いてあるの?

テーブルに置いてあるのは箸と醤油とお茶の粉。お茶を飲むためのコップとおしぼりはレーンの上部に置かれていた。それは従来通りのままのようだ。

ガリはどうなったの? ガリはテーブルに置いてあるの? と思って探したところ、「無料ガリ タッチパネルよりご注文いただけます!」という張り紙がしてあった。タッチパネルからオーダーすれば、無料のガリが専用レーンに流れてくる仕組みだ。

意外とスムーズに寿司が届く

さっそくタッチパネルから寿司とドリンクをオーダー。大混雑している店内だったが、さほど待つことなく専用レーンに流れてきた。意外とスムーズである。

ビールが皿に固定されて流れてきた

実は筆者、初めてスシローでビールをオーダーしたのだが、ビールが皿に固定されて流れてきて驚いた。こういう感じなのか、いまのスシローは。凄いな。

ほぼ全部うまい

寿司だー! ご馳走だー! ということで、ガンガンものすごい勢いでオーダーしまくる。まぐろ、うまい。サーモン、うまい。納豆軍艦、うまい。海老、うまい。ほぼ全部うまい。少なくとも筆者はウマイと思った。

とびきりのパフォーマンスを発揮

寿司ほど価格の幅が大きいグルメはないと思われる。数万円の寿司もあれば、100円台の寿司だってある。どっちもうまい。どちらにも良さがある。スシローは格安な寿司というジャンルのなかで、とびきりのパフォーマンスを発揮している寿司といえる。

ガリもうまい。ガリはタッチパネルで量(人数)を指定して食べることが可能。

1人前がやや少なめな印象なので、2~3人前ぐらいオーダーしてもいいだろう。写真のガリは4人前。

値段を気にせず食べまくれるのは回転寿司屋の醍醐味

筆者は安くて量が多い「1皿3貫の寿司」が好きなので、そればかり繰り返しオーダー。好きなものを値段を気にせず食べまくれるのは回転寿司屋の醍醐味。ステキすぎる。

まぐろ盛り合わせ良き

噂によると、複数のお寿司がセットになったメニューのほうが味と価格のコスパが良いらしい。あくまで噂だが。ということでまぐろ盛り合わせをオーダーした仲間たち。うまかったそうだ。

人気ラーメン店『鬼金棒』とコラボ

スシローが人気ラーメン店『鬼金棒』とコラボレーションして、スパイシーながらも旨味たっぷりなラーメンを提供していた。辛さを3段階で選べる。仲間が食べたところ「3辛でもそんなに辛くないかも」とのことだった。

スシロー最強はコーン軍艦じゃあないかなあ

筆者がスシローで特にオススメしたいのは、コーン軍艦。これ、ただのコーン軍艦じゃあないし、お子様だけのフードでもない。コーンが極めてシャキシャキしてて、食感がバツグンに良いだけでなく、滑らか食感とコクが素晴らしいのである。

「かぼちゃの天ぷら」は最強レベル

ちなみにスシローは天ぷらもウマイ。特に「かぼちゃの天ぷら」は最強レベル。これが食べたいからスシローに行くこともあるほどウマイと筆者は思っている。

天つゆに浸さず、そのまま食べるのが良き。サクサク、そして内部はホクホク、たまらない。

スイーツの種類が多いから嬉しい

スシローの良いところはたくさんあるが、スイーツのラインナップが多いところは間違いなく「超良いところ」。もちろん仲間全員がオーダー。アイス、プリン、ケーキ、いろいろオーダー。

スシローのプリン美味しい

筆者が食べたプリンはやや甘さが強めで濃厚マッタリ食感。けっこうしっかりとした硬さのハードタイプで、添えてあるクリームととも食べれば幸せな気持ちになる。ああ、幸せ。

玉子の寿司も食べたくなった

スイーツを食べ終えて、そろそろ会計。……というときに、レーンに卵の寿司を猛烈アピールするポップが流れてきた。スイーツ食べてしまったが、玉子の寿司も食べたくなってしまった。……ということで食べてみた。

スシローの玉子の寿司はけっこう甘い

ハッキリ言って、スシローの玉子の寿司はウマイ。そして、けっこう甘い。かなり甘い。なのでガッツリと醤油をかけて塩気を帯びさせてから食べると、甘さと同時に鋭い塩気が味覚を刺激して「甘じょっぱい玉子の寿司」に昇華。良き。

仲間全員の評価は概ね好評

昨今の情勢を鑑みて「運営方法を変更したスシロー」に仲間と行ってみた結果、仲間全員の評価は概ね好評。おいしさはもちろんのこと、なにより安い。居心地も良い。

とことん寿司食べた、ドリンク飲んだ、ラーメン食べた、揚げ物食べた、スイーツ食べた。もはや寿司屋なのか? スシローは。グルメ屋というべきか。ごちそうさまでした!


(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderグルメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧