ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

TDL元キャストが目撃した“奇跡が起きる瞬間”

TDL元キャストが目撃した“奇跡が起きる瞬間”
 今年、開園30周年というアニバーサリーイヤーを迎えた東京ディズニーランド。毎日訪れるたくさんのゲストたちによって活気が溢れ、たくさんのハピネスが生まれています。

 さて、「夢の国」といわれるディズニーランドですが、それはゲストだけではなく、キャストたちにとっても同じこと。
 働いている従業員の9割がアルバイトで時給も高くなく、ルールも厳しい。それでも、ほとんどのキャストが「働いて良かった!」と思える場所――そう語るのは、かつてディズニーランドでキャストとして働き、今はその経験を生かしてコンサルタントとして活躍している香取貴信さんです。
 香取さんが監修を務めた『ディズニーランドであった心温まる物語』(あさ出版/刊)はかつてディズニーランドでキャストをしていた有志たちが実際に体験した、“奇跡が起きる瞬間”を集めたエピソード集で、現在までに8万部を売り上げています。ここでは、その中から花火にまつわるエピソードをご紹介します。

 ディズニーランドでほぼ毎晩上がる花火。楽しみにしているゲストも多いはずです。
 ある日、とあるキャストが「ピーターパン空の旅」というアトラクションの外で待ち時間の案内をしていると、一組の家族がやってきました。
 両親に子ども2人、そして、車いすに座ったおばあちゃんの5人です。
 そして、車いすに乗っていて中に入れないおばあちゃんを残して、両親と子ども4人はアトラクションに入って行きます。
 一人残された形になってしまったおばあちゃんに、キャストは声をかけますが、笑顔を浮かべて「待っているときはヒマだけど、緑はとてもきれいに手入れされているから、観ているだけでも気持ちがいいわ」と気丈に振る舞います。
 2人でお孫さんの話をしていると、あの時間が近づいてきました。そう花火です。そのキャストは機転を利かして、おばあちゃんの車いすを花火の見える方向へと動かします。空にはきれいな花火。それを見ているおばあちゃんの表情はうっとりとしていました。

 花火が終わる頃、アトラクションから家族がおばあちゃんの元に戻ってきました。
 「おばあちゃん、花火観たの? いいなあ!」とはしゃぐ子どもたち。おばあちゃんは心から花火を楽しんだようで、こんな言葉をキャストにかけました。
 「ありがとう。花火を一緒に観られて幸せだったわ」

 このエピソードからうかがえることは、ディズニーランドはどんな人でも、いかなるときでもその場を楽しめる仕掛けがあるということです。
 おばあちゃんは「ピーターパン空の旅」に入ることはできませんでしたが、パークの自然を楽しみ、そして家族で唯一、花火を楽しむことができました。また、キャストとの会話も、おばあちゃんを楽しませたアトラクションの一つです。
 ディズニーランドに関わるすべての人たちが、まるで一つのチームになって、全員でハピネスを分かち合っているのです。

 本書にはこうしたエピソードが26作掲載されています。また、印税は全額、東日本大震災で親を亡くした子どもたちをディズニーランドに招待する夢の国へのパスポート代として使用されるそうです。
 ディズニーランドのハピネス溢れるゲストサービスの真髄がつまった、まさに心が温まる一冊です。
(新刊JP編集部)

■「おばちゃんと花火」のエピソードを動画化して公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=JfPricXn_VA



(新刊JP)記事関連リンク
新幹線お掃除がまさかのミュージカル化!
朝の支度に何分かかっていますか?
君にはもうそんなことをする時間はない

エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。