『ロッキーVSドラゴ:ROCKY IV』“ロッキー愛“あふれる応援コメントが到着! トレーニングモンタージュ映像も解禁!

access_time create folder映画

『ロッキーVSドラゴ:ROCKY IV』がいよいよ8月19日(金)より全国公開となります。スタローンが納得いくまで吟味を重ね、よりドラマに比重をおいて『ロッキー4』を再構築した、胸アツ度マシマシの本作。一日限りで行われたマスコミ向け試写会でひと足先に本作を観た俳優の赤井英和さんとその息子でボクサー/映画監督の赤井英五郎さんをはじめ、ロッキー愛に溢れた応援コメントが到着。さらに、ロッキーとドラゴが戦う前のトレーニング風景が交互に映し出されるモンタージュ映像も解禁となりました。

プロボクサー時代に「浪速のロッキー」の愛称で親しまれた俳優の赤井英和さんは「自分がボクサーだった当時は、ロッキーのボクシングのプレーばかりを見てたけど、この映画はプレーやなくて、1人1人の心が見える。ボクシング映画やなくて、人間そのものの映画なんや」、そして父・英和のボクサー時代を追ったドキュメンタリー映画の公開が9月に控えるボクサー/映画監督の赤井英五郎さんは「ロッキーはキャラクターという枠を超えて、“勇気”の象徴だと思う」とコメントを寄せます。

イラストレーターの岡田成生さんは「『ロッキー4』で映画に目覚め、その精神を胸に生きてきた。アポロ~!ドラゴ~!!エイドリア~ン!!!新しいシーンの数々に、心の中で雄叫びを上げた」とコメントし、同時にイラストを書き下ろし。書き下ろしたイラストには戦闘マシーン・ドラゴとロッキーがロシアで鍛錬する姿が描かれています。僭越ながら、私、藤本エリもコメントをさせていただきました。

さらに、ロッキーVSドラゴのトレーニングモンタージュ映像も解禁! 熱き男たちの戦いを刮目せよ!

【動画】『ロッキーVSドラゴ:ROCKY IV』トレーニングモンタージュ映像

<コメント一覧>※50音順
★みんな選択の自由がある。現実と向き合って自分のために戦う選択をする姿を見ると心を動かされる。
ロッキーはキャラクターという枠を超えて、“勇気”の象徴だと思う。
赤井英五郎(ボクサー/映画監督)

★自分がボクサーだった当時は、ロッキーのボクシングのプレーばかりを見てたけど、
この映画はプレーやなくて、1人1人の心が見える。
ボクシング映画やなくて、人間そのものの映画なんや。
赤井英和(俳優)

★「ロッキー4」で映画に目覚め、その精神を胸に生きてきた。
アポロ~!ドラゴ~!!エイドリア~ン!!!
新しいシーンの数々に、心の中で雄叫びを上げた。
岡田成生(イラストレーター)              

★ヒーローのインフレ化と揶揄された『炎の友情』が、ロッキー史の頂点に立つ最高傑作となって戻ってきた!
褒めすぎだって? いや止められても言うぞ。なぜならオレは〝沈黙しない大衆”(©️ポーリー)だからな!!
尾﨑一男(映画評論家・ライター)

★「こんなカットも撮っていたのか!」という驚きの連続!ドラゴの見え方も大きく変わる!
大好きな「ロッキーⅣ」が、もっと好きになりました。ありがとう、スタローン!
春日太一(ライター)

★肝となるMTV要素を残しながら、それぞれのキャラの思いが交錯するドラマパートが濃厚に!
まさに、奇跡のディレクターズ・カットだ!!
くれい響(映画評論家)

★学生時代にロッキー4を観て努力が才能を越える瞬間があると教わった。
そんなロッキー4に42分の未公開シーンが加わった“新作“「ロッキーvsドラゴ」を是非劇場で体験してみてください!
コトブキツカサ(芸人)

★80年代特有のノリがもたらした後悔のリセット。軽佻浮薄なシーンは削除・抑制され、未公開シーンを加えて、
戦わざるを得ない者たちの内面が深まった。編集次第で、映画はこんなにも劇的に変わるのだ。
清水節(映画評論家/クリエイティブディレクター)

★“俺を殺す気なら死ぬ気で来なきゃならない。その覚悟があるか?”――
あの名セリフに、新バージョンのクライマックスの死闘は完全に符合する。凄い!
相馬学(映画ライター)

★時を超え、『炎の友情』が再び燃え上がる!チル知らずなロッキーが熱波を送る漢気のサウナ!職場、学校、家庭…
自分のリングで戦う全ての人にトラの目を与えてくれる作品ですよ!この夏、己の中のスタローンを呼び覚ませ!
DIEsuke(ライター)

★ロッキー!アポロ!エイドリアン!そしてドラゴ!!
深みを増した人間ドラマ(ポーリーはいつも通りです)が激闘の興奮をさらにレベルアップ!
今この時代だからこそ「2000万人が殺し合うよりマシだ」というロッキーのセリフを映画館で聞こう!
高橋ターヤン(ライター)

★ロッキーの代わりにデュークがリングに上がってたらどうしようかと少し不安になりながら観たが…最高だった。
より熱く、よりハードに、そしてより人情たっぷり! スタローン成分がガンガンに増量していた。
真の「ロッキー4」を刮目せよ!
デッドプー太郎(ライター)

★編集の妙によって、『ロッキー4』がまさかの感涙作に。アポロの闘いは決して犬死にではなかった。
編集次第では自分の人生もまったくの別ものになるかも、という妄想すら抱かせてくれる。
『映画大好きポンポさん』的に100点満点!!
長野辰次(ライター)

★「こんなシーン撮ってたの!?」驚きの未公開シーンで際立つ、闘わずにはいられない男たちの存在証明。
タイトル通り主役はロッキーだけじゃない。ドラゴに燃えろ、そしてドラゴに泣け。
橋本宗洋(フリーライター)

★大人になるとより沁みるロッキーとドラゴの戦いが、さらに“大人味”になって帰ってきた!
新しく追加されたエイドリアンへの愛の言葉に涙。
藤本エリ(ライター)

★これはアポロの映画だ。続編が次々に作られる作品には、魅力的なキャラクターが主人公以外にも必ずいる。
アポロの遺志を継ぐからこそ、ロッキーは輝き続ける。
堀晃和(ライター・編集者)

★ロシアがウクライナに侵攻している今、スタローンの母方のお祖父ちゃんがウクライナ系だと知ってから
この映画を観ると、いろいろ深い意味を感じますよ。
町山智浩(映画評論家)

★新作で映画作家として再評価される人は多くいる。しかし、旧作の再編集で映画作家としての技量を再認識させる
離れ業をやったスタローンはやはりタダモノではない。
村松健太郎(映画文筆家)

(C)2021 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder映画

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧