営業資料をURL変換、見込み客の閲覧状況を見える化。営業支援ツール「nocoセールス」

access_time create folderデジタル・IT

営業の現場では、見込み顧客のリストアップからアプローチ、サポートまでを担当者が1人でこなすことが多く、営業プロセスにおいて時間とコストがかかっているといいます。

そんななか、noco株式会社(以下、noco)は見込み顧客の集客から接客、顧客管理までをオンラインで完結できる顧客獲得ツール「nocoセールス」の提供を開始しました。

営業資料ファイルをURLに変換

nocoセールスは、営業担当者がオンラインによる集客と接客、顧客管理をワンストップでおこなえるクラウドサービス。

営業資料やホワイトペーパー、会社案内などのPDFファイルをアップロードするだけで、URLに変換します。顧客に資料を共有する際は、生成したURLとともに顧客宛てのメッセージを送信するのみ。

資料はブラウザで閲覧できるほか、チャット機能を搭載しているため、顧客は資料を閲覧しながらその場で、チャットにて質問や問い合わせをすることが可能です。

資料の閲覧状況をビジュアル表示

nocoセールスでは、資料の開封や閲覧状況、行動履歴、チャットメッセージをリアルタイムで通知するほか、資料ごとに「どのページが何回・何時間くらい閲覧されているか」をビジュアルで表示。 営業担当者は資料毎の利用状況をはじめ、「どの顧客がどのページに記載されているコンテンツに興味や関心があるのか」を把握できるため、顧客アプローチの優先順位付けができます。

そのほか、nocoセールスでは複数の営業資料やホワイトペーパーをまとめた「資料専用のWebサイト」を、誰でも簡単にノーコードで作成することが可能。作成した資料サイトは自由に公開できるほか、特定の顧客だけに共有することもできます。

“誰でも利用できるツール”の需要

営業の現場では、見込み顧客のリストアップから顧客へのアプローチ、ヒアリング、提案、見積書作成、納品、カスタマーサポートなどをひとりの営業担当者が担うケースが多く、営業プロセスにおいて時間とコストがかかっているといいます。

営業担当者の負担軽減のため、営業組織におけるDX推進が急務となっているなか、「DXを担う人材の教育・確保が難しい」「DXを実現する上で、社員のデジタルリテラシーが不十分」といった、DX人材の確保や教育に関する課題が浮上しているとのこと。

そこで、誰でも簡単に利用でき、なおかつ短期間で効率的に顧客を獲得するツールとして、nocoはnocoセールスをリリースしました。

PR TIMES
nocoセールス

(文・Haruka Isobe)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧