ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

絵を描けない人、文章を書けない人、なに言ってるかわからない人

chnpk1

自分のことかと思い、ドキッとしてしまいました。今回はchnpk(ちゅんぷく)さんのブログ「よそ行きの妄想」からご寄稿いただきました。

絵を描けない人、文章を書けない人、なに言ってるかわからない人

何の脈絡もないが、絵を描けない人や、文章を書けない人、なに言ってるかわからない人というのは共通点があると思う。

それは端的に言えば、ものごとを正確に理解しようという意識が弱いということ。正確な理解に基づかずに、絵を描いたり、文章を書いたり、何か言ったりするから上手に伝えられないのだ。

ある対象についてのなにかを伝えるには、まずはその対象を自らがきちんと理解する必要がある。脳内に描くイメージ以上に正確なものをアウトプットできるはずがないのだ。例えば、誰か他人の顔を描くというのはなかなか難しいが、その理由は要はその人の顔を覚えていないからだ。かわいいとかキレイとかそういう感想の類いでもなければ、その人と他の人とを区別するためのテクニカルなポイントでもなく、その人の正確な顔である。輪郭や髪型、肌の色つや、目や鼻の位置やそれぞれのつくりなど、つまりは普段我々が目で見ていると思っている情報である。普通に考えてそんなものをいちいち覚える必要はないから、大抵の人は他人の顔など覚えてないと思うし、それが当然だと思うが、だからこそ当然に人の顔を描けないわけである。

ただし、問題は記憶力だけではない。たとえ本人を目の前にしても、その人の正確な顔を描き写せる人は極わずかだ。目で見たものを脳に写像してそれをそのまま紙に描くと言うだけの単純な工程を通じて、まったく別物が出来上がってしまうというのは、つまり、よほど手先が不自由な人でなければ、目で見たものを脳に写像する段階で余計な情報が大幅にカットされ、適当なイメージだけがインプットされているということに他ならないのではないか。要するに、我々は目の前のものを見てるような気になっているだけで実は何も見ていないのだ。

で、こういった現象というのは、文章や発言についてであってもまったく同じだろうと思った。曖昧(あいまい)で概念的で抽象的な理解に基づいて書いたり、喋(しゃべ)ったりするからわけがわからなくなる。ただ人に聞いたとか、本で読んだとかいうだけでろくすっぽ理解もしていないから、本人以外には意味が不明なものが出来上がる。

聞いたとか読んだとかも、上述した「見てるような気になっているだけで実は何も見てない」状態と同じで、まったくの嘘っぱちだ。大半は、要は聞き流すとか斜め読みとかいった程度で、なんとなく聞こえの良いフレーズだけを適当に拾って、自分の経験なり思い込みと勝手に括り付けているだけに過ぎない。相手が本当は何を言わんとしていたかなどということは完全に興味の外だ。

ただこれもまあ、日常生活の範囲であればさほど困ることはないと思う。何を書いているか、言っているかがわからなくても別に相手も困らないから。適当に相手にとって都合の良いふうに理解されるだけだ。こちらが何を言わんとしているかなど何の関係もないわけだ。ただの雑談などはまさにそういうものだろう。

困るのは仕事の局面と言うか、要するに誰かと分業するような局面だろうか。分業において正確な意思の伝達ができないのは非常に不便である。こうした伝達のコストを何とかかんとか引き下げるために、業界の専門用語があったり、マニュアルがあったり、パッケージ化された製品やサービスがあったりするのだと思うが、それでもなおカバーしきれないケースと言うのは多い。

『ジョジョの奇妙な冒険』という歴史に名を刻む漫画があるが、その中で歴戦の覇者空条承太郎は「観察しろというのは、見るんじゃあなくて観ることだ。聞くんじゃあなく聴くことだ。」と言っていた。

まあそういうことなんだと思う。

執筆: この記事はchnpk(ちゅんぷく)さんのブログ「よそ行きの妄想」より寄稿いただきました。
文責: ガジェット通信

■最近の注目記事
派遣労働なくすのがグローバルスタンダード
伝説のネット棋士の正体に迫る!
有権者の破壊衝動によって生まれた民主党政権

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき