『たんしおレモン』のくろすけが名作ゲームの移植に挑む『ひとりむりげー』とは?

access_time create folderゲーム
hitorimurige_loveloveslogo

お題の発表から48時間で名作ゲームを“無理やり”Flashに移植するプロジェクト『むりげー』。第1弾『ときめきメモリアル』、第2弾『スターラスター』、第3弾『ディシプリン*帝国の誕生』と開催され、10月1日に発売された『週刊ファミ通』では、ブルボン小林氏のコラム『ゲームホニャララ』に取り上げられるなど、現在注目を集めています。そんな『むりげー』で、スピンオフ企画が静かに進行していることはご存知でしょうか?

そのスピンオフ企画とは『ひとりむりげー』。『むりげー』初期からのメンバーでもある人気ゲームサイト『たんしおレモン』のくろすけ氏が、たったひとりで名作ゲームの移植にチャレンジしています。しかも今のところ、毎週のペース。ゲームコミュニティ『モゲラ』では『週刊ひとりむりげー』として作品を公開中です。10月5日現在まで、既に3作品が公開されました(作品のプレイはこちらから)。

第1回『ラブラブス』

hitorimurige_loveloves

現在大人気の『ニンテンドーDS』用ゲーム『ラブプラス』(コナミ)がお題。高嶺さんから告白され、“真剣なおつき合い”をするアクションゲーム?

第2回『3D.Javaヒーローズ』

hitorimurige_3ddjh

発売前から話題の『プレイステーション 3』用ゲーム『3Dドットゲームヒーローズ 』(フロム・ソフトウェア)を早くもお題に!シンプルなアクションRPG。

第3回『Fii Fit』

hitorimurige_fiifit

『Wii Fit Plus』が発売されたタイミングで、お題は『Wii Fit』。バランスボード上のキャラクターを操作して画面内テレビのキャラを操作する入れ子アクションゲーム。

なぜひとりで『むりげー』に挑戦するのでしょうか?作者のくろすけ氏にメールインタビューしてみました。

記者 なぜひとりで『むりげー』を始めたのですか?

くろすけ 実はなぜ?と言われるとそんなに深い理由もないのですが、『ラブプラス』が流行っているので、『むりげー』のノリで作ってみました。やってみたら面白かったのでこのまま続けてみようと、そういう感じです。

記者 それも週刊で。大変じゃないですか?

くろすけ 締め切りがあるとやる気がでるタイプです。ただ、今後は用事とかあったら休載もしていくと思います。

記者 お題はどうやって選んでいるのでしょうか?

くろすけ 今回までの3作品は今話題のもの、そして自分自身が遊んでみたいゲームを選んでいます。でも、次回以降は過去の名作とかにチャレンジしてみようと思ってます。

記者 『むりげー』は、お題が決まってから48時間以内に作るなどルールがありますが、『ひとりむりげー』は自分の中でのルールはあるんでしょうか?

くろすけ 特に自分ルールは決めてないですよ。今は短時間で作れるものしかやってないですけど、48時間を越える制作期間の『ひとりむりげー』もありだと思ってます。

記者 今までの作品の制作時間を教えてください。

くろすけ 『ラブラブス』が8時間?『3D.Javaヒーローズ』が12時間、『Fii Fit』が6~7時間くらいだと思います。

記者 過去に開催された『むりげー』でも、くろすけさんはほとんど一番乗りで作られていましたよね。制作の早さの秘訣は何でしょう?

くろすけ 実際の制作速度は、ババラさんとかよりも遅いと思います。なぜほかのみなさんより先に完成するかというと、寝てないからです(笑)。徹夜でゲームを作るとテンションが上がります。

記者 Javaで制作した作品とFlashで制作された作品がありますが、制作環境はどのように使い分けているのでしょうか?

くろすけ ゲームは一から作るのではなく、今までに作ったゲームの中で一番近い物を改造して作ってます。『3D.Javaヒーローズ』はたまたま、以前Javaで作ったゲームが近かったのでJavaになっています。

記者 『ひとりむりげー』のネーミングは、松本人志のテレビ番組『一人ごっつ』を意識されてますか?

くろすけ そうです!『一人ごっつ』からのネーミングです。ダウンタウンを敬愛しております。

記者 ありがとうございました。

なるほど!ダウンタウンをはじめとするメンバーでコントを作り上げていった『ダウンタウンのごっつええ感じ』に対して、松本人志がたったひとりでお題と向き合った『一人ごっつ』をイメージするとしっくり来そうな『ひとりむりげー』。『むりげー』を主催するババラ氏も、『むりげー』公式サイトで「まあ、こういうのもアリだよアリアリアリ」とコメントし、『ラブラブス』は『むりげー』の第4回としてカウントされています(以降の更新は、まだ追いついていない模様)。

今後も、くろすけ氏の挑戦から目が離せない……と記事を執筆しているところで、『無料ゲームで遊ぼう!』のケン氏が『ひとりむりげー』に挑戦?! との報が。ガジェット通信は引き続き、さまざまな広がりを見せている『むりげー』の続報をお届けしていきます。

・関連リンク
『ラブラブス』
『3D.Javaヒーローズ』
『Fii Fit』

■関連記事
48時間以内に作れ!名作ゲームを“無理やり”Flashに移植するプロジェクト『むりげー』が発足
48時間以内に名作ゲームをFlashに移植する『むりげー』、第2弾のお題は『スターラスター』
48時間以内に名作ゲームをFlashに移植する『むりげー』第3弾!お題は『ディシプリン*帝国の誕生』に

access_time create folderゲーム

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧