グラビアアイドルが苦悩をブログで吐露「言葉の暴力とか、肉体的な暴力とか殺人とか」

access_time create folderデジタル・IT
net1

グラビアアイドルであり舞台女優の落合祐里香さん(愛称・ゆりしー)が自身のブログ『カナリアが鳴く空』で、包み隠さず苦悩を吐露していることがわかった。その日記は『ヒトカラ☆ココロカラ』というタイトルで書かれており、ひとりでカラオケに行った話がメインに語られていたものの、「私ね、ちょっと前から、考えていたことがあったんです」という言葉から内容が一変した。

祐里香さんはその文の続きとして、「いろいろネット上での騒動があり嘘のことを信じている知人とかもちらほらいたり、私だけではなく、そのことでいろんな人たちを巻き添えにしてしまいました」と、意味深なコメントを書いているのである。さ

らに、「言葉の暴力とか、肉体的な暴力とか殺人とか、、、いろいろあって。そのことで気づいたんです。今こうしている間にも、世界のどこかで戦争が起こって誰かが傷ついて。こんな世界でどう生きるかってこと」という記述もあり、精神的にかなり疲れきっているようすがうかがえる。

過去に『J-CASTニュース』は「日本一不幸な声優ゆりしー」として彼女の記事を書いていた。それは言いすぎだとしても、事故や盗難など、悲しい状況に遭っていたのは事実。ほかにもいくつか悲しい出来事があり、彼女を追い詰めているのだろうか?

その日記の最後は、「もしも自分がいなくなっても私はブログを書き続けたいです。どこかで。誰の為でもなく、自分の為に自分の心を見失わない為に」という言葉で終わっている。かなり悲しい印象を受けるしめ方だが、祐里香さんがブログを書かずして、このブログはありえない。

何か悩みがあるのであれば、ひとりで解決しようとせずに信頼のある人たちに相談するなどして、協力して解決していくことができるはずだ。祐里香さんのブログで、明るい祐里香さんのようすが見られる日が来るのを願ってやまない。

■最近の注目記事
7500円でFF13を買い取ってもらえる権利! ツタヤ「ルール違反でしたゴメンナサイ」
ゲームのアイデアをメーカーに持ち込みしたいけど盗作されないか心配
スクエニが『ファイナルファンタジーXIII』休暇を30日間プレゼント!
NHKが公式サイトで謝罪報告「ご不快の念をいだかせることになった」
【東京ゲームショウ2009】美女&美少女コンパニオン集! 第四弾

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧