小さいのに収納力バツグン! プレゼントには長財布最小クラスの『イタリア本革財布 RTYKS(ルティクス)』がおすすめ!

access_time create folder生活・趣味

 

新年の始まりや、新生活のスタートとともに新調したくなるものといえば、財布。カードが多いから絶対に長財布派! そんな人も、欲を言えばなるべくかさばらないのがいいはずだ。それなら長財布最小クラスの『イタリア本革財布 RTYKS(ルティクス)』がおすすめ。ポケットサイズなのに実用性も兼ね備えた話題の財布を、さっそくチェックしていこう。

 

小さいのに驚きの収納力!『イタリア本革財布 RTYKS(ルティクス)』

時代やニーズに合わせた柔軟なアイデアで、次々とヒット商品を生み出しているリスカイ株式会社(千葉県市川市)。今回登場した『イタリア本革財布 RTYKS(ルティクス)』(全7色・価格 税込15,820円・発売中)は、収納力をキープしつつも “かさばる” というネックを見事に解消した長財布だ。

重さも95gと超軽量!

その横幅は16.5㎝と、一般的な長財布(約20㎝)より大幅にサイズカット。厚さもわずか2.5㎝だから、鞄のポケットにもスリムに収納できる。それでいて6つのカードポケットを搭載しているという収納力も自慢だ。

素材には、経年変化により味わいが深くなる本場イタリアンレザーを使用。バリエーション豊かな7色展開で男女問わず使いやすい。収納力、デザイン、コンパクトさのすべてを兼ね備えたロングウォレットを探している人にとって、大本命になる予感だ。

 

カードをたっぷり入れてもスリムさをキープ!

こちらがその話題の長財布。一般的なものに比べて幅が4cm程度短いだけでも、かなりコンパクトな印象だ。本革特有のしなやかなハリ感、そして趣深い香りを感じる。

横から見てもかなりスリム。つなぎ目もステッチも必要最低限だからこそ、どの角度をとってみても本革のやさしい光沢が宿る。

口はこのように大きく開くので、中の見やすさも申し分なし。スナップボタンは安心の日本製。なんと10万回以上の開閉耐久テストをクリアしているそうだ。

カードポケットは蛇腹型になっているので、入れるカードの幅を選ばないのが嬉しい。長細いおしゃれなポイントカードでも、ホテルのカードキーでも、大抵のものは入るだろう。高さに段差が付いているので、欲しいカードを一発で見つけられるのも嬉しいポイント!

 

中央のフリーポケットにファスナーはないが、スナップボタンを留めれば構造上小銭が落ちることはない。手前のポケットにレシートなどもガサッと入れられるし、控えめに言ってもバツグンの収納力だ。

千円札をスッ。左右1㎝ほどの余裕があるから、お札もつっかかりなくスムーズに取り出せる。なんだかあらゆる所作の無駄がそぎ落とされていく気分だ。

たっぷり入れてもスリムな形状をしっかりキープ! これならパンツのバックポケットに入れてもかさばらないし、上にも飛び出しすぎない。記者は、ミニバッグを持ちたいときはミニ財布に中身を入れ替えていたが、このコンパクトさならこのまま持っていけそうだ。

色展開はご覧の7色。イエロー、グリーン、キャメルなど女性向けの明るめカラーもある。日々増す愛着とともに本革の経年変化を楽しめば、生涯を共にする手離せない相棒となってくれそうだ。

 

新生活スタートの御守りアイテムにも

『イタリア本革財布 RTYKS(ルティクス)』は、一般的な長財布よりひとまわりコンパクトなのに収納力も申し分ない、とっても賢い商品だった。本場イタリアンレザーを使用していながら15,820円(税込)と手が届く価格帯も嬉しい。友人や家族へのクリスマスプレゼントに、新生活を迎える自分への御守りアイテムに、ぜひ好きなカラーを手に取ってみて!

 

商品は楽天ショップで購入できる。

 

関連記事リンク(外部サイト)

収納力抜群!カードも紙幣も硬貨も入る『GRAMAS SIENA Roundzip Mini Wallet』でスマートさを演出するのはいかが?
即完!再入荷待ちで話題のリップグロス『MILLY.C』(ミリーシー)を入手!マットなのに乾燥しないって本当?
針も糸も不要! 塗って貼るだけの『ボンド 裁ほう上手スティック』でズボンの裾上げが楽々!
あたたかいを持ち歩こう! コンパクトな『USBブランケット』があればアウトドアでも身体ぽかぽか!
綿棒一筋54年! 山洋の『こだわり綿棒シリーズ』の極上の使用感を確かめてみた!

access_time create folder生活・趣味

おためし新商品ナビ

お店に並ぶ新商品を実際に買って、使って、食べて、記事にしています。写真はプロカメラマンが撮影! 楽しいお買い物のナビゲーターとしてご活用ください!

ウェブサイト: http://www.shin-shouhin.com/

TwitterID: Shin_Shouhin_

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧