ドライバーの恐怖をホラー映画のポスターのように仕立てたフォルクスワーゲンの広告

access_time create folder生活・趣味

フォルクスワーゲン・オーストラリアによる、ただの交通用語をホラー映画のポスターのように仕立てたティグアン(Tiguan)の広告が注目を集めています。クリエイティブを担当したのはDDB Sydneyという広告代理店です。

この投稿をInstagramで見る DDB Sydney(@ddbsydney)がシェアした投稿


https://www.instagram.com/p/CQry5QgjTXP/

「縦列駐車(The Parallel Park)」「高速道路の合流(The Highway Merge)」「環状交差点(The Roundabout)」「歩行者(The Pedestrian)」という4つの交通用語が使用されています。

この4つに共通するのは、「ドライバーなら一度や二度は恐怖を感じたことがあるもの」ということのようです。

「縦列駐車(The Parallel Park)」には「(上手に駐車できるかどうか)あなたは見られている」、「環状交差点(The Roundabout)」には「脱出できるかな?」といったキャッチコピーがついています。

この投稿をInstagramで見る DDB Sydney(@ddbsydney)がシェアした投稿


https://www.instagram.com/p/CQuVcarjJL-/

すでに街のあちこちに掲出されているようです。

DDB Sydney x Volkswagen Tiguan ‘Hello Confidence’(YouTube)
https://youtu.be/NPtv_6nneYc

「環状交差点(The Roundabout)」をテーマにしたCMもホラー映画っぽくなっています。

※画像:Instagramより引用
https://www.instagram.com/p/CQuVcarjJL-/

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder生活・趣味
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧