プロライセンス取得のチャンス!「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021 トライアウト大会#1」のエントリー受付開始!

access_time create folderゲーム
プロライセンス取得のチャンス!「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021 トライアウト大会#1」のエントリー受付開始!

 

今年はNTTドコモとの共催で2021年10月よりリーグ本節が開催されることが発表となった「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021
企業8社がチームオーナーとなって4人1組のオリジナルチームを編成しリーグに参画するという「チームオーナー制」が導入。
そして試合数が全56試合と昨年よりも大幅に増え、視聴者としても非常に見応えがある大会となる予感がしていますね。
一部のチームはまだ全メンバーが決定しておらず、2021年8月21日(土)に開催される「ドラフト会議」で決定されるのですが、「ドラフト会議」の候補選手となるには「JeSU」 が発行する「ジャパン・e スポーツ・プロライセンス」を取得している必要があります。
我こそは!と思っていてもプロライセンスを持っていない人に取得のチャンス!成績によって取得資格を与えれる「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021 トライアウト大会」の第1回へのエントリーの受付が開始しました!

プロライセンス獲得のチャンス!

ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021 トライアウト大会
ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021 トライアウト大会 – PR TIMES

「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021 トライアウト大会」は「ドラフト会議」までの期間で全8回開催される「ストリートファイターV チャンピオンエディション」による個人戦のオンライントーナメント大会です。
全8回の各大会優勝者には賞金3万円が贈呈される他、成績によってプロライセンスの取得資格が与えられます!
条件は大会の参加人数によって変動し、参加人数が96名以上の場合は、優勝選手及び準優勝選手の2名に、JeSUへ「プロライセンス」発行の推薦を行い、「ドラフト会議」候補選手として登録。
参加人数が32名~95名の場合は、優勝選手1名に、JeSUへ「プロライセンス」発行の推薦を行い、「ドラフト会議」候補選手として登録。
参加人数が31名以下の場合はJeSUへ「プロライセンス」発行の推薦、及び、「ドラフト会議」への候補選手登録はなしなります。
もし第1回で良い成績を残せなくても、第2回以降の大会への重複エントリーが可能となっていますのでどんどん参加してプロの仲間入りを目指しましょう!

第1回へのエントリー受付中!

ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021 トライアウト大会#1
ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021 トライアウト大会#1 – 「ストリートファイターリーグ」公式サイト

「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021 トライアウト大会」の第1回は2021年6月20日(日) 12:00から開催、ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021」の参画チームオーナー企業である株式会社TOPANGAが運営となります。
エントリーはTonamelで受付中で、締切は2021年6月19日(土) 23:55となっています。
出場枠256名で先着順となりますので、締切前であっても枠が埋まり次第受付終了となりますので、参加を検討している人はお早めに!
大会の詳細やルールに関してもTonamelに記載がありますので、必ず確認をして同意の上、エントリーするようにしましょう!
各詳細は「ストリートファイターリーグ」公式サイトをご確認ください!

©CAPCOM CO., LTD. 2016, 2021 ALL RIGHTS RESERVED.


関連記事リンク(外部サイト)

「TOROS powered by Red Bull -ストリートファイターV チャンピオンエディション」香港大会日程を発表!
NTTドコモと共同開催!「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021」が規模を拡大して10月より始動!
ストVシーズン5追加キャラクター第3弾「オロ」第4弾「あきら」の最新映像公開!

access_time create folderゲーム
local_offer
funglr Games

funglr Games

eスポーツニュースメディアのファングラーゲームズはeスポーツの最新情報を発信しています。eスポーツの最新ニュースや業界動向、esportsイベントレポート、ゲーミングデバイス紹介、各レビューなど。

ウェブサイト: https://funglr.games/ja/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧