写真と現代アート専門のNFTプラットフォーム「HYPER EDITION」始動!

access_time create folderデジタル・IT

株式会社東京フォト委員会は、写真と現代アート専門のNFTアートプラットフォーム「HYPER EDITION」を設立。5月開催のプレセールを経て、6月にはNFTによる記録管理システムを実装させたプラットフォームをリリースする予定です。

混沌としたデジタルアート市場に「HYPER EDITION」誕生

投機目的で市場が盛り上がっている現在のデジタルアート市場。2020年7月頃から、NFTアートの取引も行われるようになりました。NFTとはブロックチェーン上で記録される非代替性トークン(証)のこと。画像や映像ファイルをNFT化することで、オンラインで個別にデータ管理をすることが可能です。

NFT化することで、期待されることとしては、

・オリジナリティー(固有性)やオーセンティシティー(正統性)の認証
・ 所有権とその移転記録が可能
・ 改ざんすることが不可能

が挙げられます。

また、NFTアート作品は、プライマリーマーケット(作家から購入者へ)と、セカンダリーマーケット(再販市場)での売買が可能。セカンダリーマーケットでは、従来のアートマーケット同様、作品の価値が上がることが期待され、NFTアートはデジタル資産としても注目されているのです。

しかしながら、NFTアートのためのクオリティーの高さが担保されていないなど、鑑賞者と出品者の双方が安心して楽しめるプラットフォームが未だ存在しないのがマーケットの実情です。

HYPER EDITIONは、作家やコレクターの要望を取込み、優れたアート作品のNFT化を推奨し、長期にコレクションを楽しめるプラットフォームを開発。例えば、出品者のスクリーニングやアートギャラリーとの協業を基調とするクオリティーの担保、アート作品のデータ保全や、デジタル作品の複製・違法利用を防止するための最新テクノロジーを導入するなど、様々な取組みを実施。NFTアートのプラットフォームでは珍しい、現金やクレジットカード決済も予定しています。

SNS上に溢れた画像とは異なる世界観を

公式サイト上では、HYPER EDITIONの想いが画像と文字によってクールに、そして熱く表現されています。出品に興味のあるアーティストの方は、サイトから申し込むことが可能です。

HYPER EDITIONの公式サイトはこちらから。

SNS上に溢れた画像とは異なる世界観と、質の高い作品の世界を楽しめるHYPER EDITION。多くの人が気軽に写真を撮り、ワンクリックでシェアできる時代だからこそ、その違いを実感できるはずです。

PR TIMES

(文・和泉ゆかり)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧