体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本の最北端から最西端までiPhone片手に徹底検証! 『エリアフリーTV』で本当に東京の地デジがどこでも視聴できるのか

日本の最北端から最西端までiPhone片手に徹底検証! 『エリアフリーTV』で本当に東京の地デジがどこでも視聴できるのか

インターネット経由で、外出先のどこからでも『iPhone』でテレビ番組が見られるチューナーが発売されました。ワンセグではなく地上デジタルのフルセグ放送を視聴でき、たとえば東京の自宅にチューナーを設置したら、日本のどこにいても東京のテレビ番組を見られるのだとか。日本のどこにいても? では、日本の端っこに行っても見ることはできるのでしょうか。2泊3日で日本の最北端と最西端を旅してその実力を検証してみることにしました。製品レビューの枠を超えて壮大な旅となった検証レポートをお届けします。

インターネット経由で自宅のチューナーの映像を視聴できる

エリアフリー 録画対応デジタルTVチューナー

『エリアフリー 録画対応デジタルTVチューナー(以下『エリアフリーTV』)』は、ソフトバンクBBが“SoftBank SELECTION”ブランドで1月に発売したピクセラ製のテレビチューナー。自宅に設置したチューナーから家庭内LANやインターネット経由で地デジ映像を配信、Wi-Fi環境に接続した『iPhone』や『iPad』(Androidには非対応)から視聴できます。外付けハードディスク装置(HDD)をつなげば番組録画にも対応。『iPhone』『iPad』で番組表から録画予約したり録画番組を視聴できます。

本体のインタフェース

チューナー本体には付属のminiB-CASカードを挿入するスロット、ネットに接続するLANポート、地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル混合のアンテナ端子、外付けHDDを接続するUSBポート2基を装備。ネットへの接続は有線LANを使う「APモード」と無線LANに接続する「STモード」のいずれかを利用します。今回は安定したネットワークのパフォーマンスが期待できそうな有線LANの「APモード」で自宅にチューナーを設置しました。

利用開始時の設定は簡単。番組視聴にも利用する専用アプリ『エリアフリーTV』を端末にインストールして、端末をWi-Fi経由でチューナーに接続してからアプリを起動。チューナーのプロダクトコードを設定して最初にチャンネルスキャンしたらすぐに利用できるようになります。

従来製品は家庭内の無線LANで、家の中のどこでも『iPhone』『iPad』から視聴できるという製品だったのですが、今回の『エリアフリーTV』は、インターネット経由で外出先からも視聴可能になったのが最大のポイント。まさに“エリアフリー”になったわけです。その実力を検証しに行きますよ!

最北端の空港で東京のテレビを見る

稚内へ

まず目指したのは日本の最北端。北海道の稚内から宗谷岬を目指します。羽田から2時間弱のフライトで日本最北端の空港、稚内空港に到着。

稚内空港 巨大な雪だるま(かまくら?)

3月に入ったとはいえ、暴風雪の翌日に着いた北海道は一面の雪景色。「北に来たな~」と実感します。空港の外には巨大な雪だるま(かまくら?)が作られていました。

iPhone 5で視聴OK ipad miniで視聴OK

稚内空港の建物内ではフリースポットのWi-Fiが利用できるので、アプリを起動して早速“東京の”地デジ番組を見てみることにします。『iPhone 5』でJ:COMの台東区のお知らせ番組を見てみると……映りました! 北海道で台東区のお知らせを見るという、なんともシュールな状況です。『iPad mini』でも「地上・NHK Eテレ1東京」の視聴に成功。当たり前ですがワンセグと違ってフルセグなので画質がいい!

東京の番組表を表示

チャンネルの切り替えは横方向のスワイプ操作で可能。縦方向にスワイプすると地デジ、BS、CSの切り替えができます。「番組表」のボタンをタップすると番組表を表示。チューナー本体が取得・更新した番組表が表示されます。『iPad』の大画面だと番組表が見やすい。

1 2 3 4次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。