「進撃の巨人」連載最終回 主人公エレン役の梶裕貴さん「涙が止まらない」「僕の感情は、アニメが終わった時に」

access_time create folderエンタメ

4月9日、諫山創さんの人気作品「進撃の巨人」が最終回を迎えた。
アニメで主人公のエレン・イェーガー役を演じている声優の梶裕貴さんはTwitterにて日付が変わる直前に

あと五分。
漫画「進撃の巨人」が終わる。
怖い。

とツイート。30分ほど後に

読者の誰もがそうかと思う
けれど、
僕にしかわからない感情がある
涙が止まらない

と、また午前2時前には

諫山創先生。
漫画「進撃の巨人」を生み出してくださり、ありがとうございました。
素敵な作品を、ありがとうございました。
アニメ「進撃の巨人」に心臓を捧げ、エレン・イェーガーを演じ抜きます。オレたちの戦いはこれからだ!!!

とツイートを行った。
梶さんの一連のツイートはいずれも反響を呼び、多くの返信が寄せられる。国内のみならず、外国語での返信も多数寄せられいたようだ。
また、先のツイートに誤解が生じるかもしれないと考えたのか、

落ち着いて自分の文章を振り返って、
本当に伝えたかったのは
「僕にしかわからない感情も、またある」
ということでした。

 

僕が特別なわけではありません。
強いて言えば、読者すべてが、それぞれ特別なんだと思います。
この作品がそれを教えてくれました。

 

僕の感情は、アニメが終わった時に。

ともツイートしていた次第である。

※画像は『Twitter』より

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧