白石和彌監督による『仮面ライダーBLACK』リブート作品・『風都探偵』(仮面ライダーW)のアニメ化発表

access_time create folderエンタメ

『仮面ライダー』生誕50周年を記念し、『仮面ライダーBLACK』のリブート、『風都探偵』のアニメ化、さらに映画『シン・仮面ライダー』の制作が発表された。

4月3日(土)19:30、『仮面ライダー』の放送開始からちょうど生誕50周年にさし掛かった瞬間、本発表会見が開始された。どのような発表が行われるのか、国内外から集まった多くのメディア陣が見守る中、まずスクリーンに放映されたのは生誕50周年を祝う、生誕50周年『仮面ライダー』メモリアル映像。この映像に、世界中のファンが見守るLIVE配信上やSNSでは歓喜の声が湧き上がる。

そして冒頭、壇上に立った東映株式会社 代表取締役社長 手塚 治氏より、挨拶と共に「50年前、1971年4月3日(土)の19:30に、『仮面ライダー』の第1シリーズ、第1話が放送になりました。今この瞬間、『仮面ライダー』の歴史が始まりました。本日ここには、人類皆等しく『仮面ライダー』を楽しんでもらおう、という施策が控えております。これから新たなる時代に向けて、新たなる『仮面ライダー』の魅力を発信していこうと思っております。是非ご期待ください」とコメントがあり、この後に控える大発表に期待を抱かせた。

さらに、このアニバーサリーを祝うように当日の朝8:00、10:00と連続して発表されたビッグニュースについての説明が執り行われた。

まずは8:00に解禁されたアニメ作品『風都探偵』について、東映株式会社 テレビ企画制作部長であり『仮面ライダーW』のチーフプロデューサーの塚田英明氏が登壇。「『仮面ライダー』の連続アニメーションというのは、『仮面ライダー』50年の歴史の中でも初の試みとなります。『風都探偵』は、映像からマンガへ移行する中で、漫画表現の新しい発見や進化がありました。これと同じようなことが、今回のアニメーションという次の形態に行くにあたって、起こるのではないか、新しい発見と進化を『風都探偵』というアニメで実現させたいと思っております。『仮面ライダー』という作品を作りたくてウズウズしている沢山の優秀なスタッフとともに一緒に作っております。特撮、漫画、アニメそれぞれのファンの皆さまに満足していただける作品になると確信しております。楽しみに待っていただければと思います」と今後の展開に期待を抱かせるコメントを残した。

続いて、10:00に発表され大きな話題となった『仮面ライダーBLACK SUN』に関し、東映株式会社 取締役 コンテンツ事業部長の吉村文雄氏が壇上に立ち「1987年に放送された『仮面ライダーBLACK』。「原作への原点回帰」をコンセプトに、“主人公とライバルが戦う”という設定など、のちの平成仮面ライダーシリーズの方向を決定づけた金字塔的な作品であり、石ノ森章太郎先生が関わった最後のTVシリーズでもあります。この度、『仮面ライダー』50周年を記念しそんな『BLACK』をリブートし、新たに『仮面ライダーBLACK SUN』として皆さまにお届けすることになりました。シリーズ全体の監督を務めるのは、『凶悪』や『孤狼の血』シリーズなど話題作を数多く手掛けられてきた日本映画界の風雲児、白石和彌監督です」と改めて発表すると共に、白石監督からのコメントを読み上げた。

<白石監督コメント>
「『仮面ライダーBLACK』のリブートという、とんでもないプロジェクトに身震いしています。仮面ライダー50年の歴史の重さに押しつぶされないように才能の全てを注ぎ込みます。南光太郎と秋月信彦の二人の悲しみの物語が、日本のヒーロー史に新たな爪痕を残せるように頑張ります。ご期待ください!』」

『仮面ライダー』生誕50周年の衝撃と期待の大発表に、会場だけでなく、LIVE配信を視聴するファンの間やSNS上でも、世界的な大きな話題を生み出した記念すべき1日となった。

関連記事:
脚本・監督 庵野秀明『シン・仮面ライダー』2023年公開決定!最初の企画メモから足掛け6年「映画作品という形で少しでも恩返しをしたい」
https://getnews.jp/archives/2979838

access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧